慢性胃炎の痛みが緩和

山口県防府市 梁川福心 さん (74歳)


45歳のとき、更年期障害で健康を害して以来、30年間慢性胃炎や肩こりで苦しんできましたが、5年前に始めたビワの葉温灸で楽になりました。
貧しい中にも7人の子宝に恵まれ、それこそ若い頃は自分の身体のことなど省みる余裕もなく働き詰めできましたが、そのツケが更年期に一気に現れ、激しい頭痛に襲われました。

それでも仕事を休むわけにはいかず、市販の鎮痛剤を半年間大量に呑み続けた結果、胃を完全に壊してしまいました。食事は全く摂れなくなり、生死の境をさ迷い、4ヶ月間点滴に頼って生き延びました。
どうにか回復してからも、それからはずっと胃痛、頭痛、肩こり等を抱え込んだまま今日まで過ごしてきました。
もちろん、様々な治療を続けてきましたが、年齢を重ねるほどに症状は悪化し、ビワと出会う前は、30分坐って人と話をするのも困難になっていました。

最初にビワの葉温灸を受けたときも、さんざん様々な療法をやって無駄だったわけですから、さほど期待していませんでした。
ところが、ほんの数回の温灸で胃の痛みが収まったからびっくりです。俄然、本気に取り組みました。特に気持ちの良い胃の辺りと背中を中心に、毎晩40分間当てるようになり、徐々に回復が進んで今では2時間坐っていても大丈夫なほど元気になりました。

胃痛、頭痛、肩こり、いずれも楽になりました。
また、私はひどい冷え症で、夏冬なく足腰や背中が冷えます。特に夏場の冷房は大変で、どこにも出かけられないほどです。
そこで重宝しているのが使い捨てカイロです。朝起きるとすぐに腹部と背中、腰の3ヶ所に貼り付けます。昔は焼き塩を袋に詰めたり、コンニャクを当てたりしましたが、かさばるうえに重くて大変でした。
貼るカイロは便利ですが、値段が高い割に温もりの寿命が短く不経済です。面倒ですが下着にポケットを作るなどして普通のタイプを使うと経済的です。

食養生との相乗作用

食事にもこだわっています。精米器を購入し、九分づきの玄米を主食に1週間ごと大豆と小豆を交互に炊き混ぜ、副食も野菜を中心に沢山の種類を少量食するようにしています。間食は一切摂りません。
ビワの葉温灸は副作用がなくて素晴らしい療法ですが、生活をおろそかにしたまま頼っても駄目だと思うのです。
主人に先立たれ、お店の経営を切り盛りしてきましたが、従業員の教育などでどうしても毎晩寝るのは12時になり、朝は5時に起きる生活ですが、これからまだまだ頑張りたいので、規則正しい生活と健康を維持するための工夫、そしてビワの葉温灸を続けていくつもりです。

『ビワと健康』  99年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 慢性胃炎の痛みが緩和
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入