股関節の痛みが軽減

神奈川県小田原市 山崎惠美 さん (33歳)

交換留学で渡米し、モダンバレエをやっていましたが、25歳のとき股関節症を患い、しばらく騙し騙しバレエを続けたものの遂には足が動かなくなり、やむなく帰国しました。

帰国後、鍼灸院でアルバイトを始め、その鍼灸院の院長の勧めもあって現在は鍼灸師の資格を取得すべく学校に通っています。
学校に通い始めて1年が過ぎた時、休学して股関節症の手術をしました。4年前のことです。以来、民間療法もいろいろ試してみましたが、なかなか完治には至りませんでした。

復学後、気になりだしたのがお灸の煙や臭いです。私自身はお灸が好きなのですが、患者さんによっては使えないことも少なくないと思えるのです。
何か良い方法はないものか、ホリスティック医学に興味をもって帯津三敬病院を見学したり、各種医療専門誌に目を通すうちに、遠赤外線を熱源に用いたビワの葉温灸があることを知りました。

昨年12月、普及会が主催する一日講習会に参加し、ビワの葉療法の概要を学ぶと共に温灸器による温灸を体験しましたが、その素晴らしさに感心しました。
血液がサラサラになり、痛みが軽減していくのをはっきり自覚しました。

東京まで出ると、たいてい帰路は足を引きずることになるのですが、むしろ調子が良かったのです。
将来、手当てをする立場に立った時、自分自身が確信をもって使えるものでないと相手に勧められないし、自分も喜べないと思うのです。

ビワの葉は日本人には親しみがあるものですし、扱いやすい温灸器の特性からして心身両面にアプローチできるものとして、とても有効だと思います。
学校での治療の実習では、技術と共に会話やコミュニケーションで癒されることを実感しますが、普及会の指導員の方の指先からもそれを強く感じることができました。

今は国家試験を控えて忙しい日々ですが、いずれインストラクター講習会にも参加したいと思っています。そして資格取得の暁にはビワの葉温灸も取り入れた治療を行っていきたいと考えています。

『ビワと健康』  99年2月15日号)

●各種講習会のご案内はこちらをご覧下さい。

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 股関節の痛みが軽減
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入