母が喜んだビワ葉温灸

神奈川県川崎市 小暮ユキエ さん (54歳)


9年前に腱鞘炎を患った時、知人にビワの葉療法で治してもらったことが縁でずっと続けています。

半年の間に徐々に悪化した肘の痛みや指先のしびれが民間療法で改善するのだろうかと半信半疑で受けた温灸でしたが、たった一度の施術で良くなったのです。

ビワの葉療法の不思議な力に魅了され、棒もぐさを分けてもらって近所の人に当ててあげたりもしましたが、なかでも今年9月に85歳で他界した母を通じてそのパワーを実感しました。

1990年7月、腸閉塞を患ったのをきっかけにビワの葉温灸をしてあげるようになりました。
腹部に当てると痛みがないばかりか腫れている部分が急速に引いてくるから驚きでした。

昨年11月には、座骨神経痛を患いました。

少しでも動くと痛がるので、トイレには抱きかかえて連れて行きました。痛み止めの薬は効かず、1ヶ月間歩けない状態が続き、高齢なだけにこのまま寝たきりになるのではと本当に心配しました。

痛みを和らげてあげようと毎日温灸をしてあげ、特につらそうな日は午前と午後の2回、私の仕事だと思って当ててあげましたが、みごとに回復しました。

頭痛や便秘でも大変効果がありました。

温灸を当てるたびに喜んでくれた母の笑顔を思い出します。

『ビワと健康』  98年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 母が喜んだビワ葉温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入