頚椎ヘルニアにビワ温灸

神奈川県横浜市 宮内絹子 さん (51歳)

肩こりこそあるものの、風邪ひとつひかない丈夫な身体で、ずっと健康人間を自負してきましたが、2年くらい前に体調を崩してしまいました。

右の肩から腕にかけて痺れ、全身に力が入らずフラフラの状態となり、救急車で病院に運ばれることが2度ほどありました。

いくつか病院に行った結果、「頚椎ヘルニア」と診断されました。思うに更年期障害とも重なっていたのかも知れません。

医師の説明によると首の骨に連なる神経が圧迫されて細くなっているそうで、そのために尋常でない肩こりと利き腕の痺れを引き起こしている訳ですが、かつて病気らしい病気をしたことがないぶん、大変不安になりました。

日に日に悪化の度合が増し、落ち込みかけたとき、近所の地主さんがビワの葉療法の指導員の方を紹介してくださいました。

地主さんいわく、「自分もすごく良かったから貴方も温灸を当ててもらうといいですよ」とのことで、日を置かず訪ねてくれました。

指導員の方は、ビワの温灸器が温まる間、熱湯に入れて絞ったタオルにショウガ汁を染み込ませ、背中に当てて下さいました。
身体がしっかり温まったところでいよいよビワの葉温灸です。

首や肩、背中の両脇など遠赤外線の温灸器で丁寧に手当てして下さったのですが、身も心も癒され、まさに極楽気分。さらに、驚いたのがその効果でした。

温灸の始まる前はトイレまで這う状態だったものが、嘘のように痛みが消え、歩けるまでに回復してしまったのです。
「ついに本物の健康器具に出会ったぞ〜」と心の中で叫びました。

肩こりは言うに及ばず、頭痛や胃の不調時にも効果はてきめんで、その即効性には、ただただ感激するばかり。
購入した温灸器は旅行にも持参しますし、車の中でも当てられるよう電気屋さんに頼んで、電源を改良してもらいました。

82歳になる母が胃の手術をし、入院先の九州の病院を訪ねた際には、看病で疲れて待合室で自分の肩に温灸を当てていたところ、側に座っていた見知らぬ人が声を掛けてきました。
気持ちよさそうにしている私の姿を見て、興味を持ったらしいのです。
また、友人とホテルに泊った時も同様で、友人も気に入って即座に温灸器を購入しました。

また、我が家ではビワの葉をエタノールに漬けてエキスも作っていますが、咳止めや息子の口内炎で大いに効果を発揮しています。
夫も虫刺されや乾燥肌によく効くと喜んでいますし、家中みんな愛用者です。

母が退院したら、温灸器をプレゼントしようと今から楽しみにしています。

『ビワと健康』  98年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 頚椎ヘルニアにビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入