腰痛の予防に自宅で温灸

東京都北区 田中真理子 さん (31歳)

去年、出産後1〜2ヶ月が過ぎてからギックリ腰を患いました。

ギックリ腰自体はほどなく治ったのですが、これがきっかけで十数年来の腰痛が悪化したらしく、腰からお尻にかけて痛みが走り、下指(親指)には痺れが出るようになりました。

私は学生時代に座骨神経痛を患ったことがあり、これまでも痛みが出るたびに整体院に通ってきました。
しかし、今回ほど痛むのはまれで、夜はろくに眠れず、朝起きるのもやっとでした。

8月初め、母の勧めで赤坂溜池クリニックを訪ねましたが、そこで出会ったのがビワの葉温灸でした。
鍼灸師の先生は、痛みのある腰やお尻、膝の裏あたりまで遠赤外線で広範囲に温めた後、鍼とビワの葉温灸で治療してくれました。

初めてのビワの葉温灸でしたが、腰に当ててもらっただけで足の先までジーンと響く感じがあり、あれほど辛かった腰の痛みがすっきり取れ、その夜は久しぶりにぐっすりと眠ることができました。

3日後に、2度目の温灸を受けました。
腰からお尻にかけて冷えていたため、温灸でしっかりと温めてもらい、また、授乳の際に腕に無理な力が加わっていたらしく、右肩から鎖骨の下にかけて痛みがあり、胸腺を押されると激しい痛みを覚えたため、そこにも念入りに手当を受けました。

足の痛みには、「委中」や「三里」といったツボ、肩の凝りには「風池」などのツボを繰り返して当ててもらいましたが、次第に痛みが和らいでいきました。

「不思議なビワの葉療法について学びたい」との思いがふつふつと湧き、鍼灸師の先生の紹介を受けて普及会が主催する講習会にも参加しました。
ビワの葉療法の歴史や効果における医学的な根拠等を学ぶにつけ、素晴らしいものに出会えたことを本当に感謝しました。

最初の治療から1ヶ月が経った頃、温灸器を購入しました。痛みが出そうになると自宅でも温灸を当てることができるので、症状の悪化を未然に防げるようになりました。

かなり良くなったとは言え、まだ暫くは持病の腰痛と付き合っていくのでしょうから、クリニックでの本格治療と自宅での補助手当を上手に併用しながら、焦らず気長に完治を目指そうと思います。

『ビワと健康』  98年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 腰痛の予防に自宅で温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入