「象の足」が元に戻った

神奈川県相模原市 柳 綾 さん (77歳)

 

昨年10月頃から、膝から下がむくみ始め、まるで象の足のように腫れ上がってしまいました。

糖尿の気があり、肺に水が溜まって調子が悪く、さらに足の腫れ。しかも、鈍痛があって歩くのも困難な状態でほとほと弱り果ててしまいました。

以前から、病院で3ヶ月に1度の割合で膝の水を抜いてもらっていましたが、今度ばかりは様子が違っていました。

やむなく従来の治療に見切りをつけ、自宅の近くで整体を受けることにしました。健康時なら15分で歩いて行ける距離を、30分かけて足を引きずりつつ通いました。

週2回。背骨の歪みを矯正する整体は私に合っていたようで、徐々に肺の水が抜け、足も幾分腫れが取れてきました。

今年3月からは、ビワの葉温灸が導入され、足湯と整体との併用で効果が感じられました。
ただし、当時はまだ精神的に落ち込んでいましたから、温灸で熱くなった際に合図する「ハイ」の返事すら億劫で、すべて整体師任せにしていました。

ビワの葉エキスを塗り、温灸を両足から背中、膝などに当て、最後に整体のマッサージを受けるのですが、もともと熱いのが苦手なせいもあって、夫の「さほど効果がないんじゃないか」との一言にくじけてしまい、6月に入って半月ほど通うのをやめました。

それでも縁があったのでしょう。整体に通う友人と話をしているうちに再び通うことになり、再開して間もなく、日に日に足が細くなっていきました。
いざ細くなりだすと、「どうせ年寄りの足だから……」とこぼしながら自分自身を慰めていた時とは打って変わり、ビワの葉エキスを買って自宅でも塗るようになりました。

足の腫れは内側からひいていきました。
整体師の話では、冷えが原因の腫れではないかということで、冷えを取ることを中心にしたツボに温灸を当てたそうです。

昔から「病は気から」といいますが、腫れが引き、痛みが取れるほどに元気が出て、以前のようにカラオケや三味線などの趣味で、家に居ることが少なくなりました。
外くるぶし周辺にまだ腫れが残っていますが、時間の問題だと思います。

今だから言えますが、人前では精一杯平気を装いつつも内心は醜く腫れ上がった足がとても悲しくて、今年2月には足が細くなる夢までみました。
糖尿の数値も下がっていますし、ビワの葉温灸はこれからもずっと続けていこうと思います。

『ビワと健康』  98年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 「象の足」が元に戻った
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入