愛犬の肌にもビワの葉エキス

大阪府浪速区 松岡房子 さん (41歳)


今年初め、愛犬がノミに噛まれたのが原因で皮膚炎を起こしました。

身体全体を掻きむしり、皮膚は赤味を帯びてフケ状の粉が出ていました。トリマーの話ではノミに噛まれた場所は2〜3個所で、あとはアレルギー症状とのことでした。
病院では新薬による治療が施されるかと思うと気乗りせず、打つ手がないまま数ヶ月が過ぎました。

5月に入ってフロントラインという動物には無害の薬があることを知り、試してみました。
首筋に1〜2滴垂らすと汗腺を伝って全身に拡散するという優れもので、4〜5日で効果が現れ、フケ状の粉も出なくなりました。しかし、全身の赤味は収まりませんでした。

うちの愛犬(ココナッツ)は、ヨークシャテリアという種類で、年齢は11歳。犬の平均寿命は15歳程度ですから、人間に換算すると70歳くらいになります。
生まれながらに心臓が弱く、不整脈があるためずっと家の中で飼ってきましたからノミが付くことはなかったのですが、どうやら主人が裾にくっつけて帰ってきたようです。

僧侶という職業柄、長時間座ってお経を唱えます。無論、ペットを飼っている家でも僧衣を床につけることになるのです。
病弱な老犬には暑さだけで厳しいのに、とても可哀想でした。

背中の痛みが解消

そんな中、私自身も体調を崩してしまいました。2月頃から背中が痛むようになり、寝たり起きたりを繰り返しました。
私の病院嫌いを知る人は、「膵臓炎の個所だよ」とか「腎臓や肝臓でも背中は痛くなるから精密検査を受けなさいよ」などと心配してくれました。

自分としては、何とか自然療法で治せないものかと考えていましたが、たまたま知人を通じてビワの葉療法を知りました。ビワの種の粉末、お茶、ビワエキス、ローションなどを購入し、使い始めました。
最も驚いたのは種の効果です。食べ始めて3日ほどで背中の痛みがきれいに消えてしまいました。食べ忘れると再び痛みがぶり返し、食べると収まるので明らかに種の作用だと分かりました。4ヶ月続いた痛みが3日でとれ、同時にアレルギー体質で季節の変わり目に決まって出ていた身体中の痒みも出なくなりました。

若い頃から汗をかきにくい乾燥肌で、基礎化粧品もデリケートなものを使用してきましたが、種を食べ始めてから普通に汗をかくようになったのです。乾燥肌には手に受けたローションにビワエキスを2〜3滴加えて塗りました。顔にはティッシュにエキスを浸して貼り付けておくと、熱っぽさがとれて痒みもなくなりました。
ほかにも、ビワエキスは火傷の痛みを抑え、ビワの種には宿便をとる作用がありました。

これほど良いのだから、きっと犬にも効果があるだろうと思ったのです。
皮膚がただれ、食欲も落ちていましたが、ビワエキスを背中とカブレのひどい箇所に塗ってやると、よほど気持ちが良かったとみえて5分も経たないうちに食事を摂り始めました。
ビワエキスは1日数回塗りました。ほぼ1ヶ月で赤味が消え、元に戻りました。
肛門の周辺など、粘膜の柔らかい部分にできたただれにもよく効きました。

以来、トラブルなく過ごしていますが、主人には外出前に必ずノミ除けスプレーを衣の裾に掛けてもらうようにしています。
ビワの葉療法を紹介してくれた知人に心から感謝しています。

『ビワと健康』  98年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 愛犬の肌にもビワの葉エキス
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入