アトピーにビワの葉風呂

東京都江東区 蛯原いつ子 さん (41歳)

アトピー性皮膚炎、冷え症、胃弱。この3つが私の持病です。
アトピーは生まれた時からで、西洋医学はもちろん、鍼や漢方薬など様々な治療を行ってきましたが、なかなか完治に至りません。

大学病院では、「副腎皮質ホルモンの使い過ぎですよ」と指摘されました。

また、アトピーの原因のひとつと考えられる冷え症もこれといった決め手がなく、胃痛も頻繁で市販の服用薬が手放せない状態を続けてきました。

決して諦めてはいないのですが、対症療法に明け暮れていたというのが正直なところでした。

昨年11月、知人からビワの葉療法を教えてもらいました。
その方は、何年もビワの葉療法を続けており、自分自身の体験とともに多くの方々の改善例を話してくれました。

アトピーの改善例も多く副作用の心配がないという点が気に入り試してみることにしました。
入浴時、浴槽にビワの葉とヨモギがブレンドされた入浴剤と飲み終わったビワの葉茶のティーバッグを入れていますが、とても身体が温まります。
ティーバッグで顔をこするとツルツルになりますし、全身のアトピーの痒みも抑えられて助かります。

お風呂を上がるとビワの葉温灸を行います。足の裏に当てると身体の芯まで温まりよく眠れます。
また、ビワの葉エキスをスプレー容器に入れ、首や腕など痒みの強い箇所に吹き付けるとこれも痒みを止めてくれます。

先々月、旅行先でうっかりビワの葉エキスを忘れて大変な目に遭いました。身体に良いという海水風呂に入ったものの、皮膚がかぶれ、顔が真っ赤に腫れ上がってしまいました。

帰宅後、すぐにビワの葉エキスを塗りました。
幸い、半日でおさまり大事には至りませんでした。
改めてビワの葉の威力を実感するとともに、エキスは常備、持参すべきだと反省しました。

他にもビワの種(粉末)を食べていますが、腹部への温灸と相乗効果か、かつてあれほど服用していた胃薬を飲むことはまったくなくなりました。
主人も、エキスを足の水虫に付けると良いと言っていますので、殺菌作用も優れているのだと思います。

ステロイド剤で身体をボロボロにした私には、ビワの葉療法が自然そのものであるということが、何よりありがたく感じられます。

『ビワと健康』  98年9月15日号)
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > アトピーにビワの葉風呂
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入