卵巣の腫張と胃炎が改善

鹿児島県名瀬市 旦いつ代 さん (43歳)


3年ほど前から生理のたびに激しい腹痛とみぞおち付近までの圧迫を感じるようになりました。
産婦人科で診てもらったところ卵巣が腫れていることが分かり、年齢が40を過ぎていることもあって摘出手術を勧められました。
主人と相談しましたが、子供が産める可能性を捨てきれず断りました。
 
その後、生理痛の激しさは増し、足もパンパンに腫れて卵巣の腫れも大きくなりました。
それでも手術には抵抗があったため、医師と相談の末、スプレキュアーという薬の投与を始めることにしました。
スプレキュアーは朝昼晩の1日3回、鼻から液体を注入して閉経状態を保つというものでした。
10mlで6,000円。1瓶が2週間分ですから1ヶ月に2〜3回の割合で注入せねばならず、かかる費用も馬鹿にはなりません。
 
これを使うと生理がないので激痛に苦しむことはありませんが、それでも生理の時期には腹部全体に充満した感覚があり、頭痛、のぼせ、イライラ等が幾分ありました。
様子をみながら1〜2度ストップしてみましたが、すぐに痛みが出るので注入を続けました。
去年10月から今年の春先までは安定しているように思えましたが、今年3月に入ってから腰が重くなり、お尻の両側が痛んで寝返りが打てなくなりました。
整形外科では、腰椎椎間板症と診断されました。
リハビリを3ヶ月ほど行い、ほぼ治ったかに見えました。しかし、6月に痛みが再発しました。

いくらリハビリを続けても痛みは収まらず、さらに背中も痛み始めました。
結局、椎間板症が原因ではないということで、整形から産婦人科に移って診察を受けたところ、何とスプレキュアーによる副作用で骨量が減り、人工的な更年期障害が起きているとのことでした。
やがて腰痛と背中の痛みに加え、尾てい骨の炎症や太股の痛みなども起き、椅子に普通に腰掛けることもできなくなりました。

とても不安でしたが、ビワの葉温灸によって救われました。
それほど症状が悪化する前の4月初旬、私の病状を案じた平塚在住の義姉がビワの葉温灸器を持って訪ねてくれました。
1度の温灸で気持ち良さは体験できましたから、これで良くなるものならと自分も購入し、コツコツと当てていたのです。
卵巣とは別に慢性胃炎が私の悩みの種で、こっちの方は平成5年10月からずっと胃薬を飲み続けてきましたが、まずこれが改善されました。
腹部への温灸とともにビワの葉茶を飲むようにしました。ほどなく胃は痛まなくなり、ほとんど薬を必要としなくなったのです。
この画期的な改善に意を強くし、左の卵巣を中心に腰、太股、お尻の周辺、頭部など痛みのある箇所に、毎日休まず温灸を行いました。

7月の時点では依然として生理痛、卵巣の痛みともありました。
ところが、8月は非常に楽でした。7月半ばから背中や太股の痛みが取れ、その威力を確信しました。
検査の結果、リハビリとの相乗効果なのか卵巣の腫れが1cm程度まで縮んでいることまで分かり、思わず医師にビワの葉温灸を続けてきたことを伝えると一緒に喜んでくれました。
お尻の痛みはまだ残っていますが、完治を目指して温灸を続けていこうと思います。
『ビワと健康』  98年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 卵巣の腫張と胃炎が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入