冷え症と不整脈に威力

神奈川県横浜市 富田初子 さん (55歳)

子供の頃から虚弱体質で、とりわけ冷えに弱く、30代半ばには、秋口になって北風が吹き始めると骨の芯まで疼いていました。

10年前からは夏でも厚手の下着の上からズボンをはき、毛布を被ってストーブに当たる状態で、時々胸に圧迫を覚えるようになり、一度苦しくなると、本気で胸を切り開けたらいいのにと思うほどでした。

大学病院では、冷え症に対する確たる治療法は示されませんでした。
お灸、磁気シャワー、気功、整体、漢方薬等々、民間療法もいろいろ試しましたが、思うような結果は得られませんでした。

6年前、胃腸の働きが悪くなり、まるで腰の後ろに銅板でも貼り付けられているような感じで寝返りも打てなくなりました。

この時は知人に紹介された磁気布団が奏効して楽になりましたが、翌年には人間ドックで狭心症と診断されました。最悪時は1日5,600回脈がとび、息が継げぬほど胸に圧迫を感じ、電話をするのも困難でした。

3年前から、ビワの葉温灸を始めました。
ガン患者がビワの生葉を身体に貼っているのを知り、自分も試したのが始まりで、以来、非常に調子が良く、今年1月の検査では脈がとぶ回数も165回まで減りました。

ところが母の他界で1週間ほど無理をしたせいか6月半ば、急に首が痛みだし夜も苦しくて眠れなくなりました。
看護婦をしている娘が脈を取ってくれ、3回に1回とんでいるというので慌てて病院に駆け込みましたが、絶対安静を言い渡されました。1日、13,000回脈がとんでいて、狭心症とともに不整脈の薬も飲むことになりました。

ビワの葉温灸がおろそかになっていたのを反省し、再びきちんと当てるようにしました。
足の甲、くるぶし、むこうずねから膝の両側、太股の両側と上部など足を中心に、1時間から2時間温灸を当てると翌日がとても楽です。

甲斐あって、7月の検査では脈はわずか12回しかとんでいませんでした。
便秘にも効果的ですし、素晴らしい療法に出会えたことを嬉しく思います。

『ビワと健康』  98年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 冷え症と不整脈に威力
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入