五十肩を4ヶ月で克服

東京都豊島区 小宮禮子 さん (69歳)



3年前に指導員となり、ビワの葉療法の普及に努めてきましたが、昨年の夏、五十肩で随分と辛い思いをしました。
指導に熱を入れ、うかつにも自分の健康管理を怠ってしまったのです。

接骨院では、「若い頃に痛めた後遺症などではなく、最近の使い過ぎが原因ですよ」と言われました。

人の役に立てるのが嬉しくて、1日3人くらい指導していたところ、ある日突然、右肩が痛みだしました。
腕が上がらず、野菜を刻むことも掃除機をあてることもできなくなり、辛うじてご飯が炊ける程度の状態が続きました。

考えてみると、夫に先立たれて以来何でも1人でやってきましたが、温灸を人には当てても自分が当ててもらうことは皆無でした。
 
接骨院で完治まで2年かかると断言され、困っていたところ長年ビワの葉療法を指導してこられた先生が、ご自宅で温灸を当てて下さるというのです。
2ヶ月間は週に3回、症状が軽くなってからは週1回通いました。

温灸は基本のツボで、1回の所要時間は2時間、とても丁寧なものでした。

また、接骨院でも電気治療を続けましたが、約4ヶ月で痛みが収まり、腕も上がるようになりました。
治りの早さに接骨院の先生は感心していました。

自分が健康を損ねていたのでは説得力にも欠けるというものです。
年齢も年齢なので、自分の体力と相談しながらビワの葉療法の普及に努めていきたいと思います。

『ビワと健康』  98年8月15日号) ●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 五十肩を4ヶ月で克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入