腰痛の苦しみから脱出

千葉県流山市 水井教子 さん (43歳)


(この体験談は、水井さんが通う治療院院長の執筆によるものです)

流行の服をまとい、さっそうとOL時代を過ごした水井さんも2児の母となった現在、周囲の誰もが知る腰痛持ちです。

これまで整形外科で牽引治療や電気治療を受け、あるいは整体治療を受けたりと腰痛に効果があるといわれる様々な治療を受けてきたにもかかわらず、仰向けになると痛みで熟睡できず、横向きにしか睡眠できない状態でした。

膝関節前後揺動、立位前屈、長拇趾伸筋、ポストコンプレッション等の状態から骨盤偏位に起因する仙腸関節機能障害に伴う筋痛等がありましたので、ビワ温灸器で大腸膀胱経の「肝兪」から「大腸兪」、「中髎」の周辺、「殷門」「委中」「承山」といった下肢、及び任脈の「巨闕」「中脘」「神闕」周辺の基本経穴に温圧を繰り返しました。腹筋の緊張をほぐし、腰、腰背部の痛みを緩和するため週1回程度行いました。

自宅でも毎朝数分、自己整復体操を続けてもらったところ、3回目の施術が終わった頃から仰向けで眠れるようになりました。

頃合いをみて骨盤調整を行いましたが、腰痛と肩こりが取れるなど大きな改善が得られました。

また、水井さんは平背傾向であるため、腹筋と背筋のバランスを確保するため背柱起立筋の調整をすることがあるのですが、調整後にビワ温灸を行うといっそう効果的で、運動療法にも通じる効果があるように思われます。

ビワの葉温灸療法が動的構造体である生体に生じた位置偏位の緊張緩和効果が高いことは、水井さんの例でも分かります。
OL時代からの腰痛とも分かれる日はそう遠くありません。


『ビワと健康』  98年5月1日号)
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 腰痛の苦しみから脱出
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入