座骨神経痛に驚異の即効性

埼玉県新座市 小峯松雄 さん (75歳)

平成7年9月中旬、突然腰痛に襲われました。

友人に事情を伝えると、「俺も腰痛で二子玉川の中国整体院に通ったけど、3回でピタリとなおったよ」と紹介してくれました。
その言葉に望みを託し、1時間半かけて中国整体院を訪ねました。
手当は約1時間。治療師は、「良くなった人は沢山います」と自信ありげでしたが、皮肉にも帰り道に痛みが激しくなりました。

10月初め、病院の整形外科に行きました。
医師は前屈をさせたり左右や後ろに身体を曲げさせて、「結構曲がるね」と症状を軽く受け止め、鎮痛剤と湿布薬を処方しました。
私自身、この時点ではさほど深刻ではありませんでした。

しかし、1週間が過ぎても痛みは消えず、逆に鎮痛剤の副作用で全身が痒くなり始めました。
「それじゃあ、鎮痛剤は止めて湿布薬のみにしましょう」という医師の言葉に失望し、その後、別の病院をいくつか訪ねました。
いずれも検査の割に改善せず、1年半が経った頃には仰向けに寝ることができず、痛みで夜中に目を覚ます状況になっていました。

練馬の総合病院では脂汗を流しながら、MRIを撮りました。
診断の結果は座骨神経痛。担当医師は画像を指差し、「腰椎の軟骨が僅かに突き出て神経を刺激しています。どうにもダメなら手術をしましょう」と性急に承諾を迫りました。
しかし、いくら目を凝らしても私にはその軟骨が確認できず、納得がいかずに手術を断りました。

それ以降も各種治療院に通ったり民間療法を試したりして、まる2年が過ぎました。
20mの歩行すらおぼつかない…。
あの中国整体院で悪化したんじゃないか、怨みにも似た感情が湧いてきました。

そんな中、ビワの葉療法に出会いました。
家内が通う整体院で、ビワの葉温灸をやっているというのです。
「騙されたと思って一度体験してみたらいいじゃない」という言葉に促され、温灸を受けてみました。

本来温灸はじっとして受けるものですが、私にはそれが辛く、約1時間の施術の間、ごろごろと動き回っていました。
右腰やお尻の周辺、背中の胃兪から委中のツボまで入念な温灸を受けましたが、これまでのどの治療とも違って明らかに痛みが消えていくのが分かりました。

1週間後、2回目の温灸の際には、動かずに施術が受けられました。
1ヵ月も経たないうちに回復できたビワの葉温灸の即効性は、驚異としか言いようがありません。

ビワとの出会いに感謝しつつ、あのまま病院任せに手術をしていたら、と想像すると、今更ながら恐ろしい気がします。

『ビワと健康』  98年4月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 座骨神経痛に驚異の即効性
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入