子宮筋腫の進行を抑制

山口県徳山市 柏木玲子 さん (54歳)

風邪をひいても熱が出るようなことはなく、丈夫を取り柄としていますが、4年前、子宮筋腫と診断されました。

いつの間にか大きくなっていたようで自覚症状はありませんでした。

心電図と血圧の検査を定期的に続けましたが、医師からは「貧血を起こすようなら手術の必要がある」と言われました。

有名ベッドメーカーの健康器具やいくつか医療器具を購入し、毎日続けたところ幸い貧血を起こすことなく、手術は免れました。

私が取り入れた健康器具の一つにビワの葉温灸器があります。

遠赤外線を熱源に、ビワの葉エキスを注入して患部やツボに当てるというものですが、手軽なうえに気持ちがよく、難なく続けることができました。

初めのうちは指導員の方に当てていただきましたが、大体の要領をつかんでからは、自分で、毎晩寝る前に15分くらい下腹部に当てました。

3年間続けたところで閉経を迎え、結局筋腫は治ってしまいましたが、貧血が全くなかったことに医師はとても驚いていました。

いろいろやっていたのでビワの温灸ばかりが効果をもたらしたとは言い切れませんが、各療法の相乗効果で良い結果が出たのではないかと思っています。

『ビワと健康』  98年3月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 子宮筋腫の進行を抑制
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入