メニエール病を温灸で克服

神奈川県鎌倉市 寺田佳代 さん (43歳)

19歳のとき風邪をこじらせたのが原因で慢性腎臓炎を患い、以来ずっと体調が思わしくありません。

激しい生理痛、子宮内膜症、不整脈、胃けいれん…。
これまで患った病気を数え上げればきりがありませんが、私の身体はとても過敏で、風邪薬さえ3日以上服用すると貧血を起こしてしまいます。胃けいれんが起きた際も腹膜炎の恐れから手術が必要とされましたが、身体が拒絶反応を起こし、これも見送りました。

そんな事情から、安心してできる治療法を探してきましたが、8年前、ビワの葉温灸に出会いました。
ビワはお釈迦様の教えに登場するだけに身体に良いと直感し、一式取り寄せたのですが煙と臭いに閉口し、本当の良さを実感しないまま止めてしまいました。

それから4年後、従業員を通じて電気式の温灸器があることを知りました。
父親も体調を崩していましたからプレゼントのつもりで入手しました。煙や臭いの心配がなく、何よりその威力に驚きました。
仕事の疲れとストレスから来る頭痛が、わずか1回の温灸で消えたのです。

また、2年前の5月に起きた激しいめまいからも助けられました。
症状としては身体が横に揺れ、深い海の底に沈められている感覚で、人の声も聞こえなくなりました。
前々から聞こえにくかったのですが、病院で「難聴70%」と診断され、検査の結果、メニエール病だと分かったのです。

「調子が悪くなるサインを感じたら横になるように」と指導され、入院による治療を勧められました。
しかし、そんなことを言えば私の人生は年中寝ていることになります。まして店をあずかる女将としてそうはしておれません。
「週3回の注射を当分続けるように」とも言われましたが1回目の注射で気分が悪くなり、とにかくビワの葉温灸を毎晩当てることにしました。

温灸を始めて3ヶ月でめまいがなくなり、8ヶ月が過ぎて病院で検査した時には、難聴もメニエール病も治っていたのです。
温灸は、身体全体の「基本のツボ」と耳の周辺に当てました。
耳の穴に直接当ててはいけないとされますが、私の場合、中耳への刺激が奏効してか非常に気持ち良く、さらに後頭部(眼球の真裏)や「少海」「孔最」など腕のツボにも効果が感じられました。

歯痛にはビワ葉エキス

また激しい歯痛の時は、ビワの葉エキスがてきめんでした。
どこかでユキノシタが良いと聞いたのを思い出し、疼く患部に詰めたのですが、あまりの痛さに叫んでしまいました。

慌ててビワの葉療法に詳しい知人に相談したところ、「ビワの葉エキスを脱脂綿に含ませて当てるように」とのことでした。
ワラをもすがる思いで患部に当てると、まるで嘘のように痛みが消え、歯ぐきの腫れも収まりました。
主人もビワの種を食べるとお通じが良いと喜んでいますし、わが家ではビワの葉療法が欠かせないものとなっています。

『ビワと健康』  98年3月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > メニエール病を温灸で克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入