ガン予防にビワの葉温灸

東京都小平市 市野 興 さん (69歳)


ガンの血筋という言葉はよく耳にしますが、姉が乳ガンで他界して間もなく弟にも初期の胃ガンがみつかり、間に挟まれている自分としては嫌が上にも意識せざるを得なくなりました。

もともと私がビワの葉療法を知ったのは、膠原病にかかった義弟の妻が自然療法の一つとして治療に取り入れている話を聞いてからです。

それが今から7年前、無論、当時は切実な気持ちは抱いていませんでした。

ところが1年後に姉が乳ガンと診断され、わずかな期間で他界するのを目の当たりにして一変しました。
姉は製本業を営む私のところでパート勤務していました。
平成4年、テーブルの角にぶつけたという左腕が丸太ん棒のように腫れ上がり、治らなくなりました。

前々から胸に腫瘍ができていたのを恐がって隠していたのが失敗で、娘に強引に連れていかれた病院で乳ガンと診断されました。
症状はすでに三期後半、ガン細胞はリンパを通じて全身に転移しているらしく、腫瘍の塊があちこちに動いている状態でした。
正直、病院から見放された格好でしたので私の家内が手を尽くし、『自然療法』の著者・東城百合子先生を通じてビワの葉療法の紹介を受けました。
棒もぐさを使った温灸とビワの種を1日1〜2粒食べるよう勧められました。
ビワの葉っぱはともかくも、種は時期が外れているだけに入手が困難でしたが、どうにか博多の漢方薬店のご好意で冷凍の種を分けていただきました。

ビワ温灸で腫瘍が軟化

姉は「ビワの種を食べると身体がポンと持ち上がるのよ」と言い、娘にも「温灸を当てると腫瘍が一時引っ込むのよね」と嬉しそうに語ったそうです。
身体が持ち上がるという表現からかなり成分が強いことが窺えましたが、結局、姉はガンを克服できませんでした。
しかし、最も救われたのはガンの痛みを味わうことなく逝けたことです。
同室の患者さんがガンの痛みにのたうちまわって死んでいったことが姉にとって一番の恐怖でしたが、娘の「あんまり頑張らなくてもいいのよ」の言葉にうなずきながら、眠るように旅立ちました。

それからまもなく弟の胃ガンが見つかり、不安になって私のコンニャク湿布が始まった訳です。
肝臓や腎臓など腹部を中心にかなりの期間熱心に続けました。
ビワ茶を飲んだり、ビワ酒を漬けたりしましたが、喉元過ぎれば何とかで、温灸の方は時間とともにおろそかになりました。
ところが、去年の7月、膝に水が溜まって正座ができなくなりました。
コンニャク湿布から電気式の温灸器に替え、指導を仰ぎながら何回か続けるうちに痛みは消えました。

ビワ葉のエキスを常備

また温灸同様、重宝なのがビワの葉エキスです。
仕事柄、指先を切ることが多い私はエキスを小瓶に入れて、仕事場に常備しています。爪が半分取れるほど深い傷を負ったこともありましたが、病院に行かずに治り、今は傷痕も残っていません。
夏の暑い時期だったにも拘らず膿まなかったのは、ビワの葉の殺菌作用が働いたのだと思います。

妻の母は花バサミで指を切った際、2日目から肉が盛り上がるのが分かったと言っていましたし、妻もビワの葉を浮かべたお風呂に入って、鮫肌のようになっていた背中がきれいになったと喜んでいます。
口内炎にも効果的ですし、今は何かあればすぐにビワの葉エキスです。
最近、自覚症状はないものの白内障の恐れが指摘されているだけに予防の意味も込めてまじめにビワの葉温灸を継続していくつもりです。

『ビワと健康』  98年2月1日号)

●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ガン予防にビワの葉温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入