子供の咳に”カイロ温灸”

東京都世田谷区 小野佐和子 さん (37歳)

アレルギー体質の息子は喘息の気があり、病院通いを続けています。
特に寒い季節の風邪は大敵で、一度咳が出始めると痰が絡んで発作を起こすこともあり、気管支拡張剤を常備しています。

3年前、ビワの葉療法と出会って助かっています。
咳き込んだ時は冷ましたビワの葉茶を飲ませると痰が切れて楽になりますし、アトピー性皮膚炎にはビワの葉の入浴剤とローションが大変有効です。
電気式の温灸器も良いのですが、子供ですからじっとしているのが苦手です。そこで思いついたのがコンニャク湿布にヒントを得た《カイロ温灸》です。
胸と背中にビワの葉エキスを塗り、肌着とパジャマを着せた上から肺の位置に使い捨てカイロ(小型の貼るタイプ)を貼ります。
この方法だと手間がかからず、いくら寝相が悪くても温熱効果が持続します。

『ビワと健康』  98年2月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 子供の咳に”カイロ温灸”
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入