肋間神経痛の痛みが解消

大阪府堺市 大家マサノ さん (76歳)

昨年10月、急に脇腹が痛み出しました。

はじめは寝違えか筋肉痛だろうと考えました。ところがなかなか痛みが収まらず、糖尿病の治療で通院していた病院で診てもらったところ”肋間神経痛”と診断されました。

整体師の息子に相談し、ビワの葉温灸を当ててもらうことにしました。
肋骨に沿った脇腹、胸から腹部、おへその周りと1日10〜15分くらい当ててもらいました。

はじめの1週間は、毎日手当を受けました。

3日目の温灸が終わったあたりから症状の改善がみられ、10回目が終わった時点で痛みはきれいに取れました。
また、糖尿病も検査結果が陰性と出て、その後も経過は良好です。

息子がビワの葉療法を始めたのは昨年の6月です。自然治癒力を高めたりガン細胞の働きを抑制する力があって、来院する患者さんに喜ばれていると話していましたが、お陰で私も助かりました。

ビワの葉温灸はとても気持ちが良く、継続して手当を受けられる点が良いのではないかと思います。

『ビワと健康』  98年2月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肋間神経痛の痛みが解消
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入