肺ガン乗り越え平安の境地

東京都品川区 水野 ミチ子 さん (62歳)


平成6年11月、成人病検診で大腸ガンが見つかりました。
腫瘍自体は3センチほどでしたが、腸を30センチ切り、13個あるリンパ節の1つにも腫瘍ができていたのでこれも全部切除しました。
ガンには種類があって、私の場合は線ガンと呼ばれるものでした。多少転移も危惧しましたが、2年間は落ち着いていました。

平成8年、定期検診で両肺に影が見つかりました。ずっと丸山ワクチンを続けていましたが、やはり転移していたのです。
同年10月、左肺にできた腫瘍を取り除く手術を受けました。手術は成功でしたが、翌々月に右肺手術のスケジュールが組まれ、さすがに心配になりました。

ガンと闘うべきか否かの論争が話題になっていた時期でもあり、手術のダメージを恐れたのです。
いろいろ迷った揚げ句、『ガンになったとき真っ先に読む本』の著者・帯津良一先生に相談しました。直接お会いし、私の状態を把握された先生は、手術を受けるよう勧めました。

私にとってこの出会いが後々、幸運なものとなりました。
それというのも右肺の手術後、西洋医学の限界に直面したからです。
副作用を懸念して点滴の抗ガン剤を断ると服用の抗ガン剤が勧められ、それも断ると「放射線や抗ガン剤が嫌なら他にやることはありません」と言われ、さらに丸山ワクチンを続ける旨を伝えると「あんなもの水と同じで効かない」と否定されました。
この病院はあっけなく退院となりました。

体験入院で治る確信

昨年1月、私は再び帯津三敬病院を訪ね、2週間の体験入院をしました。
漢方薬や食事療法、気功、太極拳などすべてのものを体験して自分にあった治療法を取り入れようと考えたのです。
帯津先生は丸山ワクチンについて肯定的で、漢方薬も規定のものでなく私の症状を考慮した調合を考えて下さいました。
結局、丸山ワクチン、漢方薬、楊名時太極拳、ビワの葉療法の4つを選び、以来ずっと続けています。
ビワの葉温灸の素晴らしさは芯から身体が温まり、非常に気持ちが良いことです。椅子に座って太極拳の呼吸法をしながら、手、足、背中、胸・腹部をそれぞれ15分ずつのんびり1時間、温灸器を当てるのが日課になっています。

どうしても手の届かない箇所は週に1回、夫に当ててもらっています。
ビワの葉茶もくせがなく、愛飲しています。
初めのうちは太極拳もビワの葉温灸も治るための手段として考えていましたが、今は楽しみ、喜びに変わり、病気と闘っているという悲愴感はありません。
これらの療法すべてを包含するホリスティック医学の特長は医術そのものでなく、人間らしさを取り戻すところにあると思います。
『ビワと健康』  98年2月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肺ガン乗り越え平安の境地
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入