ガンの再発防止にビワ療法

東京都清瀬市 T・M さん (76歳)


昭和58年11月頃、主人が時々腹痛を訴えるようになりました。

病院で原因は分からず、やむを得ず指圧に通っていましたが一向に痛みが収まらず、翌年2月になって結腸ガンと判明しました。

手術をし、21日間の入院生活を経て退院。以来、今日まで14年間ビワの葉療法を続けてきました。

主人は指圧の先生の紹介でコンニャク湿布を行いました。

痛みのある患部(腹部)にビワの葉エキスを塗り、その上から順に温めたタオル、温めたコンニャク、もう1度温めたタオルを載せ、さらにビニールを被せて密閉度を高め、最後に座布団で押さえて保温します。

非常に気持ち良いとのことで、とりわけ手術後の半年間は、1日4回(起床時、朝食後、昼食後、就寝前)欠かさず続けました。

食事面でも以前から続けてきた玄米食に加え、副食を根菜食に切り替え、たまねぎ、にんじん、れんこん、ごぼう等を摂り、肉類や魚は控えるようにしました。

今日までガンの再発や転移がないのは、ビワの葉療法と食事のお陰と解釈していますが、昭和63年、今度は交通事故に遭ってしまいました。
事故の後遺症でスネから下がしびれ、調子の悪いときはスネの上の方までひきつる状態でした。

もぐさを使ったビワの葉温灸を試した時期もありましたが、煙と臭いに閉口し長続きしませんでした。
昨年、遠赤外線を使ったビワの葉温灸の存在を知りました。煙や臭いがなく手軽な割に効果は大きく、半年あまりで十年来悩まされた足のしびれ、ひきつりはなくなりました。

また、私自身も痔で長年苦しみましたが、2週間に1回温灸を当てるうちに順調に改善されています。
長年ビワの葉療法を行ってきましたが、最近はビワ茶を飲んだり入浴剤も利用するようになりました。
様々な症状で苦しんでおられる方々がビワの葉療法と出会い、健康を回復されるよう祈っております。

『ビワと健康』  98年1月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ガンの再発防止にビワ療法
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入