喘息の男性が温灸で改善

神奈川県平塚市 荒木保友 さん (62歳)

遠赤外線の温灸器によるビワの葉温灸を始めて半年になりますが、しみじみ良さを実感しています。

つい先日も、喘息で困っておられた方にビワの種と温灸器を紹介してあげ、とても調子が良くなったと喜んでいただきました。

大工一筋の人生を歩んでこられたその方は現在、55歳。4〜5年前から喘息になり、咳と痰で苦しむようになったそうです。

新建材のボード等を切断する際に吸い込む粉が原因らしく、一種の職業病とのことでした。

いくつもの病院で治療を受けても病状は改善せず、最近ようやく喘息治療で有名な病院に出会い、痰が切れる薬を処方してもらうようになったのですが、その薬は咳払いをしないと痰が切れず、おまけに副作用で胃を悪くするとのことでした。
辛くてもその薬に頼るしかないという気の毒な状態でした。

私はまずビワの種を勧めました。
焙煎して粉末にしたものを朝昼晩の1日3回、小さじ5杯ずつ計15杯を呑んでもらいました。

次にビワの葉温灸を基本のツボと喘息のツボに当てました。
温灸を当てた翌日から咳払いなしで痰が切れ、楽になったのです。

この方は遠赤外線の温灸器がとても気に入られてご自分で購入し、それからは奥さんが毎日1時間温灸を当て、ほぼ1ヶ月半で咳も痰も出なくなりました。

また、鼠径部に出来ていた5センチほどの腫れ物や、右ひじの外側にあった水ぶくれにも温灸を施したところ、どちらもきれいに取れたそうです。
特に右肘の水ぶくれは、2週間に1回注射器で水を抜いてもらわないと仕事に差し支えるほどで、温灸で白くドロッとした根っこのような膿が出て、ほどなく跡形もなく正常に戻ったとのことでした。

ほかにも「ものもらい」が1回の温灸で消えたり、次々と良い結果が得られ、今ではすっかりビワの葉療法の愛好者の1人になっておられます。

『ビワと健康』  98年1月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 喘息の男性が温灸で改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入