交通事故の傷にビワ湿布

東京都渋谷区 林 清昭 さん (48歳)

11月6日深夜、自転車での帰宅途中、暴走してきた車に当て逃げされてケガをしました。

自転車の後輪を弾かれた私は宙に舞い、顔面から路上に叩きつけられ、眉間が切れてかなりの出血をみました。

右顔面打撲および負傷、左手親指骨折…。
さいわい脳波には異常がないと診断されましたが、後日、左肩にヒビが入っていることが判りました。

額から右ほほ、あごにかけて擦りむけ、事故の翌々日には顔面がパンパンに腫れ上がりました。

腫れは医師の指摘どおり日が経つにつれて収まりましたが、傷の手当には往生しました。
患部に薬を塗り、網目のガーゼを被せるのですが、薬がしみるうえガーゼに膿がくっついて剥がせなくなるのです。

薬を塗るとかえって膿が多いように感じられ、不安になって効能書を読むと、副作用としてシミや黒ずみが残る可能性のあることが明記されていました。

副作用がなく安心

困惑する私の様子を見て、「それならビワの葉エキスをつけてみたら」と妻が助言してくれました。

以前、ビワの葉温灸で捻挫が良くなった経験があり、自然療法で副作用がないから安心だというのです。
膿で貼り付いたガーゼをぬるま湯でゆっくり剥がし、新しいガーゼにエキスを含ませてポンポンと軽く塗ってみたのですが、意外にしみませんでした。

パンダ状態だった目の周りにも、まぶたの上からビワ湿布しました。非常に気持ちが良く、自然治癒力が働きだしているように感じました。
初日は1回湿布したきりでしたが、2日目はガーゼが乾くたびにエキスを補充しました。
それが良かったようで、翌朝には傷になった皮膚がピンク色になり、即効性を実感しました。

また、当初打撲のみと思っていた右肩にも湿布してみました。
翌朝、とても軽くなったのですが、レントゲンの結果ヒビが入っていることが判明し、三角布で固定しました。

固定後も、就寝前にビワ湿布しておくと確かに痛みが抑えられるのです。
不思議に思いつつ、治療にビワの葉療法を併用したのは正解だったとしみじみ妻に感謝しています。

『ビワと健康』  97年12月1日号)

●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 交通事故の傷にビワ湿布
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入