抗ガン剤の副作用を抑制

群馬県高崎市 蒔田幸與 さん (49歳)

今年8月、急性の悪性リンパ腫瘍と診断され、入院による闘病生活を送っています。

1年前からしばしば腰が痛みましたが、疲れだろうと軽く考えてきました。
ところが腸と腸の間にある腸間リンパ腺と呼ばれる見つけにくい箇所に腫瘍ができており、ガンと判明した時には腹部全体、トグロを巻くように拡大していました。

腫瘍は5ヶ所で硬く大きくなり、圧迫されてうつぶせはもちろん横向きでも眠ることができず、睡眠薬を常用するまでになっていました。

抗ガン剤を使用せずに治療することで全国的に高名な医師を訪ね、治療を受けることを決めました。
しかし、この医師をして「こんな大きな腫瘍は見たことがない。治るとは言えないが、できる限り苦痛のない治療をしましょう」とのことでした。

愕然としつつ処方される生薬を飲み続けましたが、排便の促進作用があり数ヶ月で6キロ痩せました。

抗ガン剤が効いた

その後、現在の病院に移り、11月初旬から抗ガン剤の投与を始めました。
最初の抗ガン剤投与からさほど時間は経っていませんが、医師も驚く勢いで腫瘍が小さくなっています。

実はこの病院でも、「腎機能が低下していてすぐに抗ガン剤は使えません」と言われ、相当ショックを受けました。
ところが後になって知ったのですが、ガンという病気は十把ひとからげでなく、種類によっては抗ガン剤が非常に効果を発揮するというのです。
そのことを教えてくれたのは、私とよく似た症状で闘病している方でした。

「悪性リンパ腫瘍と呼ばれる被ホジキン病には、B細胞型とT細胞型があるんです。私はT細胞型だから治る見込みは薄いけど、あなたの場合はB細胞型ということだから抗ガン剤がよく効くんです。80%の確率で治ると言われますし、順調に回復しつつある患者はうようよいますよ」
すでにモルヒネまで使っているその人は、明るい表情でそう私を励ましてくれました。

家族の愛情が不可欠

沈み込んでいた自分とは対照的で、なぜそんなに明るく振る舞えるのか尋ねたところ、「私も初めはすごく落ち込みましたよ。女房や子供のことなど考えて…。だけど女房が『先のことは私が頑張るから大丈夫よ』と言ってくれてからスッと楽になったんです」とのことでした。
私はいま、抗ガン剤治療を受けながら、補助的にバクハン石ともぐさシートが対になった電気器具(民間療法)を使っています。

通常、もぐさシートには水を含ませて温灸効果をもたせますが、ビワの葉温灸を愛用している妻の勧めで水の代わりにビワの葉エキスを含ませています。
寝る前、30〜40分を日課にしていますが、大変気持ちよく重宝しています。
他にもタイボ茶や波動水を飲んでいますが、抗ガン剤の副作用である吐き気もなく、まるで健康人のように過ごしています。

西洋医学と東洋医学。いずれにも良さがあり、その良さを知ることが大切です。同時に闘病には家族の愛情が不可欠であるということを実感しています。

『ビワと健康』  97年12月1日号)

●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 抗ガン剤の副作用を抑制
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入