老人ホームを訪問

千葉県「サン・ラポール南房総」で無料体験会

江戸時代後期からビワづくりが盛んな千葉県・富浦町。
ビワの里として名を馳せる同町にほど近い「ロマンの森」にある高齢者専用マンション「サン・ラポール南房総」で、10月14日、ビワの葉温熱療法の無料体験会が行われた。
同マンションは、社団法人全国有料老人ホーム協会に加盟する施設で、職員に嘱託医や看護婦、栄養士、生活・介護ヘルパー等を擁し、生活介護室を併設した終身利用型となっており、壱番館、弐番館の二棟を合わせ、現在およそ200名が入居している。

この日が初めての体験会には、時間の都合上12名の参加が予定されていたが、会場となった和室広間には予定をはるかに超える人数が詰め掛け、積極的な質問も相次いで同療法に対する関心の高さが窺えた。

ビワの葉療法の説明に続いて行われた体験指導では、1人約20〜30分と限られた時間にもかかわらず、ビワの葉温灸の素晴らしさを実感し「気持ちいい」を連発する人も少なくなかった。
好評のうちに初回を終えた体験会は、今後1月1回のペースで継続する予定で、健康づくりの一助をなすものとして期待が寄せられている。

『ビワと健康』  97年11月1日号)

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 入会・購読のご案内 > 老人ホームを訪問
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入