神経性の下痢に温灸効果

山口県徳山市上遠石 末田ちどり さん (40歳)


ビワの葉温灸に出会って3年になります。

当時私は、自律神経をおかしくして心療内科に通っていました。

精神安定剤と睡眠薬を服用する影響から、いつも胃の調子が思わしくなく、食事をしても消化できずに下痢ばかりしていました。

健康時には54キロあった体重も46キロまで減り、何とかしなければと様々な療法を試してみましたが効果は得られず、このまま痩せ続けるとどうなってしまうのだろうか、と底知れぬ不安と恐怖に脅える日々を過ごしていました。

家事をこなすのが精一杯、ただ生きているという状態でしたが、偶然、ビワの葉温灸のチラシが目にとまり、ワラにもすがる思いで連絡をとりました。

さっそく温灸を体験しましたが、それまでに試してきたほかの療法とは違ってその効果はとても顕著なものでした。

グルグルという水音(すいおん)とともに、働きが鈍っていた胃が動き始め、冷えていた足腰もとても温まり、例えようのない気持ち良さを味わいました。

週に2〜3回のペースで温灸を当てていただきましたが、紛れもなく回復に向かっていることが感じられ、温灸の日がとても楽しみになりました。

指導の先生から心と身体に関するビデオを見せていただき、いろいろ相談をしていくうちに、新薬に依存し、とらわれている自分に気付くことができました。

お陰様で健康を回復し、体重も元に戻りましたが、たまに疲れて調子が良くないときは努めてビワの葉温灸をしています。
私にはビワの葉温灸があると思うと、日々安心して過ごすことができ、とても感謝しています。

『ビワと健康』  97年11月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 神経性の下痢に温灸効果
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入