症状別のツボ(座骨神経痛)


特に何かしたわけでもなく腰から足にかけてしびれを感じる、身体を曲げたとき痛みが走る、膝を伸ばしたまま足を上げると太股の裏に痛みが響くといった症状がある場合、座骨神経痛の疑いがあります。
座骨神経は下半身をめぐる神経の束ですが、症状が悪化すると筋力の低下や皮膚の知覚麻痺等を引き起こすことがあり、要注意です。

効果的なツボを○で囲んでみました。他にも腰や太股の裏など、指で押して痛みのある箇所には徹底的に温灸すると良いでしょう。
ただし、同じ場所を続けてやると低温やけどの恐れがあるので、何ヶ所かに順番に当てていきます。

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > ビワ温灸のツボ > 症状別のツボ(座骨神経痛)
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入