頻尿症に驚くべき効果

神奈川県平塚市中原 荒木保友 さん (62歳)

妻をガンで失った悔しさから健康への関心が高まり、帯津良一先生の著書に出会ってから、ビワの種を食べるようになりました。

7月半ば、メキシコに行く予定だった娘の首に親指大の腫瘍ができました。
おそらく病院に行けば治療が長引き、メキシコ行きも中止せざるを得ない状況でしたから、朝晩1日5粒、ビワの種を食べさせてみました。
効果はてきめんでした。3日目に腫瘍が小さくなり、1週間できれいに治ってしまいました。

そのことがきっかけとなって9月初め、電気式の温灸器を購入しました。
膝にひびが入り、腫れ上がって悩んでいた人に温灸をしてあげました。

足は投げ出しっぱなしで、全く座ることができずにいましたが、低周波イオンの治療の後、ビワの葉温灸を当てているうちに次第に症状が軽くなり、正座も出来るようになりました。

また、73歳の男性の場合は、胃、腸、膀胱などの調子が悪く、特に膀胱はひどいものでした。
10分間隔で尿意をもよおし、そのくせ1回の排尿の量はせいぜい10ml。外出することも熟睡することもできず、意識はもうろうとしていました。

状態が思わしくないので初日の温灸は足の裏から足の三里のツボまで約20分にとどめましたが、直後に多くの排尿がありました。
3日後、足から背中まで1時間ほど手当したところ、いっそう排尿の量が増えました。

後日、大学病院の検査では異常が見つからず、「何も悪くないよ。前の病院のカルテが見てみたいよ」と言われたそうです。
よほど嬉しかったとみえて「荒木さん、凄いですよ。ビールも飲めますね」と弾んだ声で連絡をしてこられました。

付き添いで大変だった奥さんも自律神経で頭がガンガンしている状態でしたが、これもビワの葉温灸ですっかり良くなり、ご夫婦とも喜んでいただけました。
今後も積極的に勉強していきたいと思います。

『ビワと健康』  97年10月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 頻尿症に驚くべき効果
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入