愛猫の後ろ足が完治!

東京都杉並区 川浦麗水 さん (33歳)

私が飼っている猫の名前は輝流(テル)くん。メインクーンのオスです。
誕生日は2018年11月5日。生後4ヵ月、体は随分大きくなりましたが、まだまだやんちゃ盛りの甘えん坊です。
その輝流くんが今年1月20日(生後2ヵ月)、腰に大きな怪我を負ってしまいました。
私が留守中の事故でした。組み立て式のケージが歪んでしまったのか、側面の金属製の柵と底板の間に体が完全に挟まった状態で鳴き叫んでいたのです。
帰宅した私は驚いて駆け寄りました。

ゲージの外に出ようとしたのだと思います。上半身はゲージの外、下半身は内側でお尻が引っかかって身動き取れない状態でした。
慌てて助け出したものの散々もがいたらしく輝流くんの下半身は明らかに異常をきたしていました。
左後ろ足がだらんとして全く動かず、その時点では尻尾も殆ど動かない状態でした。

すぐに近くの動物病院に連れていきました。獣医さんは少し診て「これ以上触ったら危ないので検査設備が整っている所で診てもらった方がいいですよ」と言われ、緊急の動物病院を紹介して下さいました。
数時間後、緊急の病院で診てもらいました。そこでの見解は深刻なものでした。
足の問題だけでなく、血尿が出ていたこともあってか「腸が断裂してウンチが体内に溜まったり、半身不随になったり、臓器が機能しなくなっている場合には、生きることが大変だから安楽死させないといけない可能性もあります」という厳しい内容でした。

最悪でない事を祈りながら翌日の検査に臨みました。
「腸には穴が開いていなさそうだからひとまず大丈夫ですよ」
CTの検査結果にほっと胸をなでおろしました。
とはいえ診断書には「骨盤骨折による結腸損傷、膀胱損傷」とありました。
内臓が正常に働いてウンチがきちんと排泄できるか確認するためバリウムのようなものを飲ませる検査をし、一応OKが出て3日間の入院を終えました。

最悪ではなかった。けれど内臓が傷ついている影響からか、退院後、フードは食べても水は飲もうとしませんでした。
おしっこ自体ちゃんと出なかったのです。そのせいか水を殆ど飲まず、さらにはトイレが間に合わずあちこちで失禁し、トイレに間に合った時でも足が不自由で砂がかけられず尻尾に付着してしまう有様でした。
このまま片足不随の障害猫になってしまうのじゃないか・・・。
力なく無反応な左後ろ足はヒザやカカトの関節が伸びきって肉球は完全に空を向いていました。ただくっついているだけにしか見えない状態なのです。
それを3本の足でかばうようにズリズリと引きずり懸命に歩く小さな姿はあまりに痛々しく胸が締めつけられました。
もっと早く発見してあげていたら・・・。悔やむ感情が込み上げてきました。

ビワ温灸の即効性に驚く

退院の翌日、シャーローム西野を訪ねビワ温灸を当てて頂きました。『人間に効果のあるビワ療法だから猫にだってきっと良いはず』と考えたのです。
西野先生も輝流くんの足を見て深刻な表情を浮かべておられましたが、ビワ温灸を当てて頂いたところ、初回時から大きな改善がみられました。
直後からお水を沢山飲むようになり、しかもしっかり排尿が出来るようになったのです。
それまではおしっこが少量しか出ず、何回も繰り返していました。それが一気に出せるようになり、あまりの即効性に驚きました。
「毎日当てるといいですよ。」そうアドバイスを頂き、当てるポイントも教えて頂いたので早速、ビワ温灸器を購入して自宅で当てることにしました。

背中から尻尾にかけて集中的に、さらにお腹や患部にも入念に当てました。
1日2回、朝と晩。大体5〜10分当てました。
1週間後、再び西野先生のビワ温灸を受けました。この時も劇的な変化が現れました。
初回後にも兆候は現れていたのですが、引きずっていた左後ろ足を腿の力で引き寄せて足裏を地面につけて軽く蹴れるようになったのです。
西野先生に直接施術して頂いたのはこの2回で、あとは自宅で毎日続けるうちに3週間ほどでほぼ普通に歩けるようになりました。
内臓の調子も徐々に回復し、2ヵ月が経った頃からあちこちで失敗していたおしっこもトイレの砂の上で出来るようになりました。

事故から3ヵ月めに入り、現在は元気一杯。後ろ足でジャンプして飛びついてくるようになっています。
事故後1ヵ月頃は左後ろ足で頭の周りを掻くなど無理でした。今はもう何ら不自由なく、ごく普通の猫に戻り、可愛いしぐさで癒してくれています。
輝流くんの場合、ビワ温灸を当てる手順は次第に確立していきました。
いきなりお腹だと興奮して当てにくいので首の付け根から始めます。するとゴロゴロ喉を鳴らしてリラックスモードに入ります。
それから背中、尻尾の付け根周辺へと進めていくと気持ちが良いらしくウトウト眠り始めます。そして、最後にお腹や患部に当てるという具合です。

一時はどうなってしまうのか本当に心配しましたが、西野先生とビワ温灸のお陰で助かりました。
今、私は断言できます。
「愛猫家の皆さん、ビワ温灸は猫ちゃんにも本当に良いですよ!」
私自身の健康維持と合わせて、自信をもってお奨めします。

◎シャローム西野
東京都品川区北品川1−24−20−603
TEL:080−3478−7146

『ビワと健康』  2019年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 愛猫の後ろ足が完治!
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。