虫さされにビワの葉エキス

東京都練馬区 新國喜香 ちゃん (4歳)

(喜香ちゃんのお父さんから寄せられた体験談です)

今年4歳になる娘は、毎年、蚊による被害が大きく、2〜3歳の頃には足の肌が見えないほど絆創膏を貼っている状態でした。

大きくなるにつれて皮膚が丈夫になり、蚊の被害は軽減していましたが、今年の夏は足の形が変わるほど腫れ上がり、手の甲もまるでボールのように腫れ上がり、熱を持ち、見ていて可哀想なくらいでした。

歩くと痛がりますし、目を離すとすぐに掻きむしってしまうので、保育園も休ませざるを得ませんでした。
お医者さんにもらった飲み薬(たぶん抗生物質入りの化膿止め)は嫌がってほとんど飲みません。

そこで、ビワの葉エキスをガーゼに浸して湿布してみました。
しばらくすると掻かなくなり、徐々に腫れが引いて、患部にこもった熱も消えていきました。

翌朝はすっかり元気になり、保育園に行きました。
ビワの葉エキスの湿布にこれほど効果があるとは、本当に驚いています。


『ビワと健康』  97年9月1日号)

●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 虫さされにビワの葉エキス
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入