前立腺肥大がビワ温灸で好転

群馬県高崎市 中原健太郎 さん (74歳)


10年くらい前から次第にお小水が細くなり、回数は頻繁なものの、残尿感を覚えるようになりました。

病院で前立腺肥大と診断され、ずっと薬の服用を続けてきましたが、2年前、本でビワの葉療法のことを知り、電気式の温灸器を購入しました。

ツボの本にある「前立腺のツボ」を中心に、毎日温灸を当てましたが、使い始めて間もなく尿の出が良くなりました。

ビワの葉温灸は、利尿効果だけでなく、気持ちをリラックスさせてくれる点でも優れています。

温灸を一通り当てるのに大体30分かかりますが、自分なりに工夫して、一人でも上手に当てられるようになりました。
病院の薬とビワの葉温灸、さらにビワの種やビワ茶を併用することで、より一層効果が得られていると確信しています。


『ビワと健康』  97年9月1日号)

●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 前立腺肥大がビワ温灸で好転