足湯器にビワの入浴剤

静岡県焼津市 岩本敏夫 さん (45歳)


風邪をひいてお風呂に入れないとき、電気の足湯器の中にビワの入浴剤を入れて使っていますが、とても有効です。

特に風邪が峠を越えたあたりだと、一気に抜けてしまいます。

仕事柄、自然療法に関心があって、足湯器に真水を入れて温めた場合、塩を入れた場合、そしてビワの入浴剤を入れた場合と比較してみましたが、ビワの入浴剤を使用した場合に最も保温効果を感じます。

風邪のとき、むりにお風呂に入ると体力を落とします。
かといって、入浴しないと足が冷えてよく眠れないケースもあります。
そんなときにビワの足湯がお勧めです。

足を浸ける時間は20分が目安ですが、頃合いは自分で分かるものです。
ただし、足湯を終えたあと水気をよく拭き取り、すぐ靴下を履くことは基本にして絶対の条件です。

風邪以外でも、冷え症の方などは、暑い時期であっても試されると良いのではないでしょうか。

『ビワと健康』  97年9月1日号)

●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 足湯器にビワの入浴剤
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入