リウマチの不安が解消

東京都清瀬市 H・F さん (女性・56歳)

20年前、リウマチと診断され、1ヶ月間病院通いしました。

成形外科で出された薬を1日4回きちんと服用したのですが、前屈みできないほど胃が痛くなりました。
また、小雨に少し濡れただけで風邪をひいてしまうほど体力がなくなり、西洋病院でもらうカタカナ読みの薬ではダメだ、ということを実感しました。

本で玄米菜食の素晴らしさを知り、あわせてカイロプラクティックの施術を始めたところ、徐々に良くなり、3ヶ月で普通の食事に戻りました。

その後も、ときどきアレッと思うようなことがあると食事に注意を払い、そこそこ健康と言える状態で過ごしてきました。

ところが、2年ほど前から症状が強く出始め、再び玄米に雑穀を混ぜたご飯に切り替えて養生しましたが、半年前からさらに痛みを覚えるようになりました。
背中の肩甲骨の周辺がジンジンと痛み、全身がだるくて、ため息をつきながら自転車をこぐようになり、いかにも病人といった姿になってしまったのです。

半年間自然食品の店に勤めていたことがあり、足湯の効果やビワの葉療法の良さは知識として知っていましたが、たまたま無料体験会の貼り紙を見て、参加しました。

温灸を当ててもらっても私の身体はなかなか温まりませんでした。思えば人一倍汗かきだったのに、いつしか極端な低血圧、冷え症になっていました。
3〜4日間温灸を受けるうちに身体が温まるようになり、自転車もちょっとした坂なら登り切るほど元気が出てきました。

横断歩道を渡る途中で信号が変わりかけても小走りすることができなかった私が、今ではラジオ体操の曲に合わせて飛んだり、跳ねたりしています。
もちろん、知恵のある食生活と就寝前のビワの葉温灸は、欠かせません。

『ビワと健康』  97年8月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > リウマチの不安が解消
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入