骨粗鬆症の病状が好転

東京都清瀬市 福田昌代 さん (81歳)


骨粗鬆症による股関節炎と診断されて、9年間、通院を続けてきました。
尾骨の一部を残してほぼ痛みは取れたのですが、3年ほど前から、腰から下全体がだるくて重く、もし転びでもしたら大変ということで杖を使うようになりました。

それでも思うように足が上がらず、いつも前のめりの姿勢で歩くため、靴の爪先ばかりがすり減っていました。
また、杖を使い始めた影響からか、右肩が痛くなりだし、好きな和裁や趣味の手芸もできなくなりました。

骨粗鬆症だから治ることはない、仕方ないと諦めかけていたのですが、7月の初め、ビワの葉療法が受けられる施設があることを知り、通ってみることにしました。

遠赤外線を使った温灸器を2つ使い、上下、左右、表裏といった具合に両面からはさみ込む《抜き打ち》という方法で手当していただくのですが、まるで世界中のごちそうを一度に食べたみたいに気持ちがいいのです。

指導、手当にあたって下さる先生は、まるで私の心の内が読み取れるように、当ててほしいと思う箇所にキチッ、キチッと温灸器を当てて下さいます。

お陰でその効果は顕著で、腰のだるさや肩の痛みが和らぎ、手当を受けて帰宅するときにはウソのように身体が軽くなっています。
近頃では、買い物に行くときなどつい杖を忘れてしまうほどですし、バスの乗り降りで後ろの人に迷惑をかけることも少なくなりました。

数日前、爪先ばかりすり減っていた靴やぞうりが、ちゃんとかかと側がすり減るようになってきたことに気付いた時は、本当に嬉しく思いました。
ビワの葉療法の本には、骨にも良いと書かれてありますし、ビワでどこまで良くなるものか試してみようと、楽しみながら続けています。

『ビワと健康』  97年8月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 骨粗鬆症の病状が好転
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入