腱鞘炎に即効性を発揮

神奈川県横須賀市森崎 入戸野昌種 さん (66歳)


私は腱鞘炎で親指がしびれ、重い物を持ったり釘を打つなど手首に力が加わると腕に激痛が走り、仕事になりません。
診察を受けましたら湿布薬のみで、「五十肩と違い時期が来て治るものでないから力仕事はしないように」と言われ、なかなか治癒致しませんでした。
そこで整骨院に行きましたが、そこでは低周波治療器と赤外線による温熱治療でした。

温熱療法だったらビワの葉療法が良いのではないかと思い出し、切り替えてみたところ、それこそ薄紙を剥ぐように1ヶ月で完治できました。
特に効果のあったツボは次の箇所でした。
首周辺の瘂門、天柱、風池、肩井。
これらを温灸した後、曲沢、温溜、偏歴、陽谿、神門を温灸し、さらに親指を動かして痛みのある箇所を丹念に温灸しました。
捻挫なども炎症が引いたらビワの葉温灸を実施すれば良いと体験学習の際に伺っていましたが、早く実行すべきでした。

『ビワと健康』  97年8月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 腱鞘炎に即効性を発揮
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入