ビワ温灸は未病の武器

神奈川県相模原市 白鳥誠一 さん (74歳)


生まれつき虚弱な体質で、風邪を引きやすく、腹の調子が悪いときは、午前2時ごろから床の上に座ってしまうこともあり、通勤途中で座席が空いても苦痛で座ることもできず、各駅のトイレを全部記憶するなど、胃痛・腹痛の常習犯で、いつかはガンに冒されるという恐怖心がありました。

また、定期健康診断のたびに精密検査にまわされるのです。

X線透視、内視鏡室で待機させられる嫌な気分と、結果が判るまでの不安な気持ちは、体験した者だけが味わう実に不愉快なものです。

売薬の限界や、医師の投薬であっても副作用のあることを体験しているため、なんとか自然治癒力を高める方法はないものかといろいろ模索していた平成5年の夏、神谷先生のご著書『ビワの葉療法のすべて』にめぐりあいました。

ビワの葉療法の歴史や薬効などがわかりやすく説かれ、さらに豊富な体験が満載されており、赤線だらけにして読みました。

独り占めするのがもったいなく、サークル(太極拳など)の仲間にビワの葉のすごさを話したところ、その一人に茶道の先生がいて、座ることが多いため、あせもで難儀しておられたらしく、早速自宅のビワの葉っぱを活用してビワの葉入浴を試み、2週間後に「こんなによくなった」と足を見せてくれました。

このことに触発され、自分でもビワの葉エキスを作っておきました。
数ヶ月後、女房が揚げ物をしていて、左手指先が真っ白になるほどの火傷をしてしまいました。水で冷やしたあと、半信半疑ながらビワの葉エキスをつけ、その夜はビワの葉を巻いて寝ましたが、翌朝、痛みもなく水泡にもならず一皮むけることを免れて通常の指先になりました。

ビワの葉茶で胃腸も快調に

これを機に、生来の持病であった弱い胃腸をビワの葉で強めてみようと思い立ち、ビワの葉茶を1日最低1000cc飲むようにしました。
3ヶ月過ぎた頃から胃腸の調子が良くなり、以来、かかりつけの消化器科のお世話にもならず、精密検査からも解放されてすでに4年を経過しています。

昨年、家人が足を打撲して紫色に腫れて大騒ぎとなりましたが、ビワの葉をミキサーにかけてその汁を湿布したところ、1晩で腫れも痛みもとれました。
また、女房の指先がひょう疽になり、腫れて手を下げると耐えられない痛みとなりました。以前は外科手術で治しましたが、今回はビワの葉エキスで湿布したところ1週間できれいになりました。

その後、『枇杷の葉パワー健康法』(帯津・古瀬先生共著)を読んで、電気温灸器の存在を知りました。
この年齢になるとお医者さんとのご縁が深くなりやすいものですが、可能な限り人様のお世話にならぬようと思い、「未病の強力な武器」として電気温灸器を愛用しています。

『ビワと健康』  97年8月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワ温灸は未病の武器
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入