過敏性大腸症候群に効果

宮崎県宮崎市 重盛浩子 さん (54歳)

10年余り前にビワ療法と出会って遠赤外線のビワ温灸器は持っていたのですが、あまり使うことはありませんでした。

たまたま自宅近くにビワ療法を行うサロンがあることを知り、2年前から通い始めました。

施術を受け、改めてビワ温灸器の使い方などを教えて頂くうちに、ああ、やっぱり良いものだなあと再確認し、以前より熱心に当てるようになりました。

私は過去に交通事故や病気、怪我をしたこともあって2年前から体調が優れない状態が続いています。
おそらく年齢的にも治りにくくなっている側面があるかもしれません。
そもそも私の体調不良が始まったのは30歳を過ぎた頃からで、20年くらいずっと体調が優れないことになります。

30代のときは頑張りすぎて燃えつき症候群のような状態になり、体調を崩して一時休職したこともありました。
仕事や人間関係に悩み、心療内科にもかかりました。振り返ると30代が最も大変だったと思います。

35歳のときには交通事故で右手の大きな神経を切ってしまって、肝心の利き手が1年くらい殆ど動かない状態でした。
手術をし、その後、鍼治療に通ってかなり良くなりました。それでも神経の戻りは7割程度で家事や料理は出来ますが、今なお右手は神経が通いきれていない感覚なのです。
その事故で腰の骨も折ってしまったので体に歪みが生じ、改善を図るために体操を始めました。

元来、頑張りすぎる性格のため45歳のとき頭を打ち首を痛める怪我を負ってしまい、様々な要因はありますが余計動けなくなってしまいました。
病院で不調を訴えても分かってもらえず、レントゲンを撮っても異常はないとのことでした。
やはり、神経が相当に傷んでいたので、その頃からアロマテラピーに通うようになりました。
4、5年通い、自分でもアロマを使ったりしました。今も続けています。

今通っているサロンの長嶺さんは、アロマとビワ温灸、どちらもされていたので「じゃあ、改めてビワの施術を受けてみようかな」と始めたわけです。
ビワ温灸を再開して特に良さを実感できたのは、過敏性大腸症候群です。
私はストレスが溜まったりするとお腹が痛くなります。胃や腸の周りが物凄く痛むときがありましたが、ビワ温灸で随分と助けられました。
病院に行っても薬が処方されるだけでした。
結局、薬では治らず困っていたのでビワ温灸器が手元にあって本当に良かったと思いました。
お陰様でビワ温灸の本当の良さが実感できました。

お腹をしっかり温めることの重要性や冷えている部位の指摘、自分で当てる際のポイントなど具体的なアドバイスも頂け、ビワ療法の充実した活用が出来るようになりました。
ビワ療法が持つ本来の魅力に触れ、体調管理にも役立てていることを感謝しています。


『ビワと健康』  2017年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 過敏性大腸症候群に効果