治療に活かす「診断力」の高めかた

竹内廣尚著 現代書林刊


良書紹介

東洋医学の治療家として四十数年間現場を歩みつつ鍼灸あん摩マッサージ教員、柔整専科教員として教鞭を執ってきた鍼灸専門学校の校長先生・竹内廣尚氏が、自ら培ってきた貴重なノウハウの要諦を惜しみなく開示し、次世代を担う治療家に渾身のエールを込めて記したような良書。

若き日の著者が先達の治療家に学び、患者さんの協力を得ながら時を経て探求してきた九つの診断・治療法は、治療家との出会いやエピソードに始まり、各療法が持つ利点や実践上の細かな手順、経絡・経穴など興味深い内容が網羅され、それでいて写真やイラスト、図表等が駆使されているためとても理解しやすく、具体的な症例では自然な手引きの間隔を得る。


九つの診断・治療法とは、
  1. 佐藤流対極療法
  2. 知熱感度測定による鍼灸治療法
  3. 体液調整法
  4. 募穴診断・子午流注療法
  5. 伊藤PIA奇経療法
  6. 仁神術
  7. 筋診断法
  8. 乾電池治療法
  9. テープ療法
で、いずれも著者が直接指導を仰いだ治療家の先生の取り組みをもとに紹介されている。

因みに複数の療法で、遠赤外線によるビワ温灸が併用にて有効な療法として写真入りで掲載されている。
最終章の”「信頼される治療家」へのささやかな私見”では、長年、学びや治療、教育に真摯に取り組んできた著者だから掴み得た治療家の際限のない研鑽の妙味を生きる醍醐味が綴られ、謙虚さの中に風格が滲む。
治療家や治療家を志す学生はもちろん、病を得た人も健康な人も、東洋医学に関心のある人にはお奨めの一冊。

※竹内廣尚著、現代書林刊、(定価2,000円+税)

『ビワと健康』  2017年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 参考資料 > 治療に活かす「診断力」の高めかた
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入