日焼けの湿疹にビワエキス

東京都中央区 小野英雄さん (58歳)

今年も春を迎え、花粉症の息子たちはビワの種(錠剤タイプ)で助けられていますが、花粉症シーズン真っ盛りの3月下旬、十数年ぶりに家族でサイパンを訪れました。

常夏の島には花粉症の心配もなく、喘息持ちの長男(22)もすこぶる快調で、小さな島に渡ってカラフルな魚と戯れたり、バギーカーに乗って荒れ地を駆けたり、パラセーリングでつかの間の空中散歩をしたりと、めいっぱい羽を伸ばして僅かな時を満喫しました。

無事帰国したまでは良かったのですが、翌朝、長男の両足に無数の赤い湿疹が出ていました。
強い紫外線を警戒して顔や手には日焼け止めクリームを塗っていたのですが、うっかり足のすねに塗り忘れ、そのまま日焼けしてしまったのです。
いきなりの強い日差しに肌が慣れていなかったせいもあってか、かなり腫れて熱を持っていました。

日ごろからビワ商品を愛用している家内は、『こんな時こそ』とばかりに冷やした患部にたっぷりとビワローションを塗りました。
1日、2日と経ち痒みと腫れは徐々に引いていきました。
困ったときのビワエキスとビワローション。改めて威力を実感しました。

『ビワと健康』  2017年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 日焼けの湿疹にビワエキス
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入