ドレミドラッグ・南楠葉薬店

大阪府枚方市南楠葉1−30−6 TEL:072−866−5910


誰もがいつでも気軽に頼れる”地域のお薬屋さん”として1988年に開業したドレミドラッグ南楠葉薬店。
一度耳にすると忘れないドレミの響きは、岩瀬政彦社長による親しみを込めたネーミングだ。
薬の品揃えが豊富なのは当たり前だが、各種健康食品や美容に関わる商品にも力を注ぐ。

美容と健康を連動して捉えて体の内外からアプローチするため国内の化粧品メーカーに限らず外資系の化粧品も幅広く取り扱い、さらには店内でフェイシャルエステ(女性限定・予約制)を行い、個々人のニーズに適ったサプリメント等を提案、提供することがこの店の特徴となっている。
化粧品同様、健康食品でも商品の入れ替わりは激しく、同店で長年、人気を維持する定番品は肝機能を高めるものや胎盤エキスを用いたプラセンタが挙げられるという。
フェイシャルエステを担当する黒阪美貴店長は、勤務歴15年。お客様の悩みや要望など生の声を反映した親身な接客により信頼を得ている。

「当初は大手化粧品メーカーが主催する勉強会などに参加して知識や技術を習得しました。それをベースに中国医学や東洋医学、西洋医学の色々な手技を加え、ミックスした形でオリジナルな施術をご提供させて頂いています。最近はお客様の方が情報収集に長けていて教えて頂くことが多くなりました。当店で扱うビワ療法関連商品は、錠剤タイプのビワの種です。昔、姫路の実家にビワの木があり、祖母からビワの葉の効能を聞かされた記憶があります。この療法は沢山の改善例が報告されています。先人の知恵が込められているのでしょうね。ビワの種は、便秘や花粉症をはじめ疲労回復、ご年配の方だと食欲不振の改善といった目的で購入されています。血液をサラサラに保つという観点では生理痛や高血圧の方にも良いと思われます。『お通じが良くなった』とか『疲れにくくなった』、『主人にも勧めてみるわ』といったリピーターの感謝の声は有難く、お勧めしやすいですね」(黒阪店長)

名が歴史を経て継承されてきたビワ療法。人気商品として末永く愛されることが期待される。

◎ドレミドラッグ・南楠葉薬店
大阪府枚方市南楠葉1−30−6
TEL:072−866−5910

『ビワと健康』  2017年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > ビワのある店 > ドレミドラッグ・南楠葉薬店
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入