からだの音 ホリスティックリトリート

栃木県下野市上古山914−5 TEL:090−8508−1120


赤ちゃんから120歳まで笑顔で受けられるやさしい整体院。

からだとココロを癒し育てるからだの声を聞き、健康健心をめざしましょう!をキャッチフレーズに掲げ、今年4月にオープンしたばかりの「からだの音 ホリスティックリトリート」。

山口知大代表は、人気の整骨院でビワ療法部門を十数年に渡って担当してきた実力派の治療家だ。
ビワ療法を併用した施術について話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    デイサービスの介護職員の研修を通じて高齢者の機能回復をもっと高められないかと漠然と考えていた時期、自分自身が腰を痛めてしまい、『なかむら整骨院』で治療を受けて劇的に改善したことがきっかけとなりました。
    腰痛と左肩痛を治すのに胃の経絡療法を用いた中村吾郎院長の施術はインパクトが強く、面接を受けて採用して頂きました。
    1年間、中村院長の補佐を務めたのちにビワ療法の担当を任され、以来、十数年間多くの方々を施術してきました。

  • 施術の特長は?
    JRCという関節の可動域回復矯正法を行った上で、レインボー療法と呼ばれる色と気と光を用いる方法で不調な臓器を割り出し、そのポイントにビワの温熱療法を施す点が特徴的だと思います。

  • ビワの温熱療法は温灸器を用いるのですか?
    症状によっては遠赤外線の温灸器も使いますが、大半は募穴を対象として処置紙にビワエキスを含ませてラッピングし、光線治療を施すことでビワの成分を浸透させるという方法です。
    胃や肝臓に行うことが多く、最近は虫垂にも行うケースが増えています。
    虫垂は免疫の宝庫といえます。
    経絡をレインボーパワーやレインボーテープなども併用し、オリジナルな施術をしています。

  • 施術の流れは?
    まず問診を重視しています。
    次に主訴となる部位に関節矯正や経絡療法を施し、改善を図った上でビワの温熱療法を施す流れです。
    施術しても眠れない方などは、ユ穴を中心にビワ温灸を行います。
    また、レインボールームと呼ばれる緑色の部屋での施術も行っています。免疫を高めたり、睡眠時に近い脳波に変えていくため効果が上がります。
    鎮静の目的で青色も用いますが、基本は緑色です。

  • ビワ療法による改善例は?
    多岐に渡り、特に胃腸系や喘息などで改善が多く見られます。
    肝臓ガンの方は劇的に良くなり、退縮がみられました。今は肝機能の数値が少し高い程度で趣味のテニスで汗を流しておられます。
    膀胱炎など慢性的な症状では体質改善が不可欠で、それらにも有効だと思います。
    癒しや血液浄化は子供にも効果的で活用しています。

  • からだの音の名称の意味は?
    ご本人が体の音を聴けるようになれれば豊かになれるというメッセージを込めました。
    病気であっても病んではいけません。
    人間関係に浸ることで自分を見つめ直せる場所となれるよう願っています。

  • 信条を一言。
    繋がり、縁を大切にして、自分の内なる良さや潜在的なものに気づいてもらえるような施術を心がける、それが私の信条です。

『ビワと健康』  2016年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > からだの音 ホリスティックリトリート
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入