うつ病を癒すお釈迦様の手

埼玉県川口市 Y・E さん (女性、27歳)

社会人になって間もなく上司との人間関係や完璧を要求する母親との軋轢などが原因で鬱病になってしまいました。

以来、精神科の病院に6年間通って、薬の服用を続けてきましたが、昨年の2月には不眠症と拒食症、さらには貧血に見舞われ、このまま衰弱死してしまうのではないかと思うほど大変な状態に陥りました。

ところが病院の検査では異常が認められず、「もう少しで薬は必要なくなります」と逆に励まされました。

症状は徐々に軽くなりましたが、昨年の11月から12月にかけてショックを受けることがあり、前にも増して悪化しました。

神経科の薬を服用していても不安感に襲われ、夜も眠れません。時間をかけて薬の量を減らしてきた甲斐もなく、安定剤に頼らざるを得なくなりました。

それでも不眠症は一向に治りませんでした。
そんなどん底状態が続いた今年3月、ビワの葉温灸に出会いました。

お釈迦様の癒しを実感

始めて受けた温灸手当は1時間ほどでしたが、芯から身体が温まり、帰宅途中の電車の中ですでに眠くなったのです。
それからは1週間に1度、基本のツボを中心に温灸手当を受けていますが、張りがなく青白かった顔に血色が戻り、2ヶ月を過ぎた頃には知人から「別人かと思った」と言われました。
手当を受けるたびにウトウトして、まるでお釈迦様の手で癒されているような感覚に浸るのですが、ビワの葉温灸に出会ってはっきり感じられたのが《冷え》と《鬱》の関連性でした。

積極指向に転換

思えば私は子供の頃から靴下をはかないと眠れないほど冷え症でした。
《身体の冷えが心を冷やし、心の冷えが身体を冷やす》という悪循環が病気に影響していたのです。
冷えとの関連が、病院で一切指摘されなかったのが不思議なくらいです。
20代の大半を神経科の薬を呑んで過ごしましたが、いつか必ず治るという希望が湧いてきました。
以前は自分のことで精一杯でした。最近は母や祖父にも温灸してあげたいと思えるようになりました。

『ビワと健康』  97年6月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > うつ病を癒すお釈迦様の手
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入