花粉症克服の切り札!

東京都 横田一芳、晴美さん夫妻

私も主人も花粉症ですが、ビワの種を飲むようになって随分と助けられているのでお伝えしたいと思います。

まずは、私の花粉症です。初めて発症したのは23歳の時でした。
それまではアレルギーとは無縁で過ごしてきましたが、長時間のハードな仕事で無理な生活を続けたことが引き金となり、かつて経験したことのない症状に襲われました。

くしゃみ、鼻水、目の痒みから始まって徐々に症状は悪化していき、やがて結膜炎、喘息、中耳炎を併発するに至り、大袈裟でなく首から上全部が炎症を起こしてしまいました。
そんな悲惨な状況下にあって翌春、タイミング悪く責任の重い部署への人事異動が告げられ、さすがに耐えきれず上司に移動が困難である旨を伝えました。

とはいえ、今から40年近く前の話です。当時はまだ花粉症に対する認識が世間一般曖昧で、鼻風邪くらいにしか捉えられていませんでした。
上司から「そんなに大変であるなら病院で診断書を貰ってきなさい」と言われ、総合病院で検査を受けることになりました。

アレルゲンを腕から注射で入れ、どのくらい腫れるかでそのレベルを判断するという検査方法でしたが、ふつう数センチ赤く腫れるものが、スギ花粉の個所は12センチくらいまで大きく腫れていました。
この異常な腫れ方にびっくりされたのでしょう、医師は「これはひどい」と大笑いし、診断書に『あまり厳しい所では働けません』といった内容を即座に記入して下さいました。
検査によりダニやカビなど検査項目の全てがアレルゲンと判明しましたが、最も強く反応し、症状が現れるのはスギ花粉でした。
一度症状が出始めると周りの人たちはじっと私を見ています。特にくしゃみは止まりませんから、誰しも『大丈夫なの?』と感じるようです。
最高に悲惨だったのはその頃ですが、それ以降も今日に至るまで春先になると本当に辛い思いをしてきました。
毎年、耳鼻科にかかって薬を処方してもらってきたのです。

ただ、最近、糖尿病になったことで鼻炎の薬が限定されてしまいました。
しかも厄介なことに、この薬が体に合わないのです。飲むと気持ちが悪くなり、吐き気がするのです。
やむを得ず市販の総合感冒剤を服用して凌いでいるのですが、それとともに手放せないのが10年ほど前飲むようになったビワの種(錠剤タイプ)です。
スギ花粉の飛散量が少ないときは、このビワの種だけで対処出来ます。
瓶には目安量が書いてありますが、私は症状が収まるまで飲みます。
花粉シーズンのピーク時には50粒くらい飲むこともあります。
完璧には収まりませんが、くしゃみをし続けるようなことはなく、とても楽になりました。
それと、ビワの種を飲むようになってから年々症状自体が軽くなっているように感じています。
抗体が出来るのか、あるいは体質改善されてきているのか定かではありませんが有難いことです。

さて、主人はというと、症状は私より軽く12年前に発症しました。
目の痒み、鼻水、くしゃみと典型的な三重苦で、以前はゴーグルメガネを着用するなどの対策を施していましたが、ビワ療法と出会ってからはビワの種(錠剤タイプ)を飲むだけで改善されています。
毎年、花粉シーズンに入ると朝晩、ビワの種を10〜20粒飲んでいます。
出勤時に持参したビワの種を飲まないまま帰宅する日もあって、症状が出なければ飲まずに済ませているようです。
ビワの種は自然のものですから副作用の心配がなく、気持ちが悪くなったりもしないので安心して飲むことが出来ます。
本当に良いものなので花粉症で悩んでいる方はぜひ試してみられることをお勧めします。

『ビワと健康』  2016年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症克服の切り札!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入