尾てい骨の痛みを解消

岐阜県大垣市 リラクゼーションサロンLUNA(ルーナ)

30代半ばの女性から、『尾てい骨に痛みがある』という相談のメールを頂いたので、『ビワ温灸をしましょう』と返事をしました。

ただ、痛みにより、膿んでいる状態のものだとビワ温灸では取れません。
膿胞状のものが仙骨、尾てい骨周りにないか確認すると「ないです」と言われ、「骨の先っぽの方を押すと痛いです」とのことでした。

また、睡眠時にも痛みがあるなら、これまた事情が違ってくるので確認したのですが、それも「ないです」と言われ、「座り方によって痛みが出ます」とのことでした。
こういうケースでは歪みか血流の悪さが原因として考えられ、その場合はどちらにしてもビワ温灸でいけると判断しました。
歪みがあることも想定し、背骨の周りと臀部を中心にビワ温灸を施し、冷えも考慮して腹部にも同様に施しました。
併せて骨盤周りの歪みを調整しました。

7月初旬でしたが、彼女の体には冷えがありました。
季節的にエアコンを効かせ始めた頃で、体が慣れていないうえに仕事も銀行員で冷える場所に長時間座っているものだから脚も冷たい状態でした。
歪みもあったので、骨盤と脚に結構長くビワ温灸を施したところ、「今は痛くないです」と言って帰られました。
その後、再びメールを頂きました。『凄いです。もう尾てい骨の痛みはありません』という内容でした。
結局、冷えが起因の尾てい骨の痛みは1回きりのビワ温灸で改善しました。

◎リラクゼーションサロンLUNA(ルーナ)
岐阜県大垣市室町2−76
TEL:0584−78−6353

『ビワと健康』  2015年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 尾てい骨の痛みを解消
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入