リウマチの痛みが緩和

東京都目黒区 伊庭多寿子 さん (66歳)

リウマチの症状が出始めて13年になります。
最も痛むのは膝ですが、数年前から手首が、また1年前から肩が痛み出し、辛い日々を過ごしています。

不思議なのは右利きなのにも拘わらず、左の肩や手首が痛むことです。
首を回すとコキコキと音が聞こえるように感じるのですが、病院の検査では異常なし。内臓を調べても、どこも悪くなく原因は不明でした。

寒い時期や季節の変わり目に痛みが増すという話を聞きますが、私の場合は、台風が小笠原諸島付近に来ると痛み出します。逆に台風圏内に入った頃には比較的痛みは収まっていることが多いのです。
人間の身体と自然のつながりは凄いものだと痛みによって実感します。
どうにも辛いときは病院で痛みを抑えてもらうこともありますが、あくまでも対症療法でしかなく時間がたてばまた痛み始めます。

そんな事情から4年前からビワの葉温灸と高麗人参茶の服用を続けています。
最初は棒もぐさの温灸をしていましたが、煙や臭いに困ってしまい、しばらく休んでいました。
3年ほど前でしたか、電気式の温灸器が出たことを知り、再びビワの葉温灸を始めました。
毎日就寝前の40分間、自分で首筋、腹部、手足に当てるようにしていますが、特に首筋の「風池」「天柱」「瘂門」のツボが気持ち良く感じます。
2週間に1回は、温灸を紹介してくれた方が手の届かない背中等に温灸手当してくださいます。

痛みの波が軽減した

広告等で見受ける体験談のように劇的に良くなったわけではありませんが、痛みの波の上下動がずいぶんと小さくなりました。
永い年数を経て痛めた身体ですし、リウマチという厄介な病気だけに、治るにもそれなりの時間がかかるのかもしれません。
ここ2〜3年を振り返ると全体的に症状が軽くなっていますから、ビワや高麗人参といった自然のものは化学薬品と違い徐々に身体の中から改善をしてくれるのだと確信しています。
一時的に良くなったとしても、反動で再び悪くなるのは嫌ですから、気長に手当していくつもりです。

『ビワと健康』  97年5月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > リウマチの痛みが緩和
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入