美和健康館

京都府京都市南区西九条猪熊町5 TEL:075−201−4676


世界遺産・東寺のすぐ近くにあって、落ち着いた佇まいが古都京都の風情を感じさせる美和健康館。

温和な性格と人並外れた行動力を併せ持ち健康と美の提供に全身全霊を傾け邁進する岡田高院長は、ビワ療法をこよなく愛する魂の治療家である。

鍼灸治療をメーンとしつつ、同館は五つのコンテンツを備え、本格的なバレエスタジオまで設けている。
岡田院長に話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    東洋医学に目覚めたきっかけは三つあります。
    まず、高校時代にスキーで負傷し、社会人になっても続いていた肩の痛みが鍼治療で良くなったことが出会いです。
    次に、大学でマーケティングの勉強をし、経営に興味を持って中小企業診断士の資格を取得したものの弱肉強食的なアメリカの経営論に疑問を感じ始め、そのとき出会った東洋思想に感銘をうけ、健全な企業活動をなすには東洋思想を土台とする東洋医学が持つ心身一如の考えが必要だと感じたことです。
    そして三つ目に、自分の子供が心臓にハンディキャップを抱えて生まれ、適応体重に満たないのが理由で手術が受けられず自宅療養した際、家庭でも健康の維持・管理・増強を図れるのが東洋医学だと知り、子供の命に関わることなので本格的に学ぼうと鍼灸学校の門を叩いたことです。
    学ぶほどに鍼灸の素晴らしさを実感し、生涯の職とする思いに、いや天職を得たという思いに至ったのです。

  • ビワ療法導入の経緯は?
    鍼灸師が用いる道具は鍼とお灸ですが、開業から2、3年が経った頃、ガンの患者さんへの有効な手立てとなる手段方法を探す中でビワの葉療法に出会いました。
    術前、術後のコンディショニング、末期の方の疼痛緩和などで、私の治療を補助してくれるものだと直感して導入しました。
    当初は棒もぐさでスタートしました。

  • ビワ療法の利点は?
    仏典にも大薬王樹として記される霊験あらたかな療法で信頼感がありますし、その気持ちのよさは秀逸です。
    施術時に『少し熱い、丁度いい、少しもの足りない』と患者さんと交わすやり取りを通じて、程よさを共有できる満足感や安心感は最大の利点といえます。

  • 改善例は?
    坐骨神経痛、狭義の頸肩腕症候群等の神経疼痛症、腰痛や五十肩などで顕著な改善がみられますが、特に五十肩は有効です。
    五十肩で絶対に外せないポイントは腋窩です。
    多くのリンパ節があり、大円筋が通っていて、ここへのビワ温灸が回復の鍵を握っていると言っても過言ではありません。

  • 治療院の特長は?
    当院の玄関横には、シンボルツリーとして枇杷の木があります。
    毎年実をつけますが、
    その葉っぱも種も使って自家製ビワエキスを作り、施術等で活用しています。
    また、セラミックのヘッドを持つビワ温灸器は皮膚に直接圧が加えられ、他の治療器では不可能な施術も出来て効果をあげています。
    建物としては、五つのコンテンツを備えています。鍼灸総合治療室を基軸に、ビワの葉茶をはじめ健康グッズを販売するショップ、健康を美しさという表現に高める健美鍼灸室、鍼灸師をサポートするセミナー室、そして2階には本格的なバレエスタジオを設け、病気の有無を問わず各種運動療法が出来るようにしてあります。

  • 信条を一言。
    ご来館下さる皆さんが健康で美しく、心身の調和が取れるように全ての面でサポートすること。
    それが私の信条です。
『ビワと健康』  2015年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 美和健康館
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入