ビワの種で白髪が減った

東京都青梅市 平田恭子 さん (48歳)

焙煎したビワの種を食べるようになって、ちょうど1年経ちます。

ビワの種はアミグダリンの含有量が非常に多く、せいぜい1日5粒が限度と聞いていますが、美味しくて大抵10粒くらい食べてしまいます。

それがいいのか悪いのかは判りません。ただ、昨秋「身体中ガタガタですよ」と診断された割に疲れにくく、辛いという自覚症状もありません。そればかりか徐々に白髪が目立たなくなり喜んでいます。

好きな物を食べているだけで効果が得られるのですからこんな楽な療法はありませんが、実は私より主人の母の方がずっと前からビワの効用を知っていて、庭にビワの木を植えて活用してきたそうです。

その母が、去年の秋口に膝を痛めてしまいました。

痛くて立ち上がることすら容易でなかったのですが、その日の夜からビワの生葉を患部に当てて休み、翌朝にはすっきりした感じで、数日後には完全に痛みがとれました。

自分で種を漬け込んでビワ酒を作るほどですから、母のビワに対する思い入れはかなりのものです。

しかしながら、いちいち葉っぱを貼り付けるのも面倒かと思い、市販のビワの葉エキスをプレゼントしたところ、とても重宝だと喜んでくれました。

鼻炎にもビワエキス

また、今年の3月初旬には主人が鼻炎になってしまいました。
風邪でも花粉症でもなかったのですが、丸2週間くしゃみと鼻詰まりで苦しそうでした。

私と違って主人はビワの種が苦手なため困っていたのですが、母の膝の件を思い出し、試しにビワの葉エキスを首筋から背中にかけて塗ってあげました。

これが大正解で、その日のうちに鼻詰まりがとれ、念のため翌朝も出勤前に塗って出かけましたが、帰宅するなり「日中ずっと楽だったよ」と感謝されました。
自然療法に熱心だったわけでもなく良い出会いが出来たことを喜んでいます。

母は、今度はビワ風呂を始めてみようかな、と結構楽しんでいる様子です。

『ビワと健康』  97年5月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワの種で白髪が減った