鈴木鍼灸院

岐阜県多治見市滝呂町4−75−1 TEL:0572−23−4548


治癒効果に拘って鍼とお灸による治療で実績を積み上げてきた鈴木達也院長。

穏やかな人柄と豊かな経験、研鑽に裏打ちされた確かな技術で地域の方々の厚い信頼を得ている。

その鈴木院長がビワ温灸を導入、鍼との併用治療を始めてすでに十数年が経っている。
自ら毎日愛用し、呼吸が深くなるのを実感しているという。

ビワ温灸を有効活用する施療について、話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    23歳のとき急性肋間神経痛を患って病院にかかりましたが、そのとき知人から鍼灸を勧められ、治療を受けたことがきっかけとなりました。
    鍼やお灸で痛みが取れたり症状が改善する不思議さに興味をもち、専門学校で学び、この道を歩むことを決めました。

  • 開業はいつですか?
    学校卒業後、高知県指宿市の病院に2年間勤務し、帰郷後、自宅の一室で開業しました。
    正式に鍼灸院としてスタートしたのは昭和60年5月。当時30歳、現在60歳ですから30年になりますね。

  • 施術の特長は?
    ビワ温灸を9割以上の方に併用していることです、私はもともとお灸が好きです。鍼よりも長効きする感じがします。
    例えば、どこかに痛みがあるとき、離れた所に反応するポイントがあって、そこにお灸を重ねて施すと症状が緩和されます。
    ただ、お灸は煙が出るので換気が必要です。冷暖房いずれにしても不経済です。その点、ビワ温灸には煙の問題がありません。

  • ビワ療法導入の経緯は?
    かつて同業者から『鍼灸だけでは食べていけないよ』とマッサージ導入を勧められたことがあり、実技習得のため横浜のマッサージ院に1年間勤めた経験があります。
    しかし、都会のマッサージ院は治療より癒しが中心でした。痛みを取ったり症状の改善を図ることに拘る私は性が合いませんでした。
    ビワ温灸は十数年前に医療専門誌で存在を知り、取り寄せ、気に入って導入しました。
    鍼灸同様、治療に有効なアイテムとして優れ、自身も毎日愛用しています。

  • ビワ温灸の利点は?
    煙が出ないことと痕が残らないことです。お灸は体質によって痕が残り易い人がいます。
    業界では施灸前に火傷の薬を塗るとか、アルミ箔を挟んだ薄紙を貼る商品も出ていますが、ビワ温灸は全く問題ありません。触診で硬結した部位や凝っている部位が見つかると手の応ずるままに躊躇なく当てられます。じんわり熱くなる感覚がよく、体の芯まで届く意識で用いています。
    熱くなる時間が長ければ体が要求している、あるいは鈍くなっていると解釈しています。
    絶妙な温度変化の活用により施術の妙味を感じています。

  • 改善例は?
    風のひき始めは鍼よりビワ温灸が有効ですが、どのような症状であれ、ほぼ皆さんに併用しているので鍼とビワ、どちらの効果か区別するのは難しいですね。
    一つ言えるのは、私は脈診で取穴を決めて鍼治療に入りますが、脈の出方が悪いときに鍼同様、ビワ温灸を行なうと明確に出てくるのは有難いですね。

  • 信条を一言。
    来られた方が良くなるためのお手伝いが出来ればいい、ということです。鍼、お灸、ビワ温灸、何でも構わないし、当院でなくて、よその先生のところで良くなられても、嬉しいことです。
『ビワと健康』  2015年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 鈴木鍼灸院
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入