半身浴で冷え対策!


半身浴は40℃ほどのぬるめの風呂に、腕はお湯に浸けず、みぞおちの下指2本くらいまで浸かる入浴法です。

首まで浸かる全身浴では冷えた足先より上半身の方が先に温まり、体の上下の体温差が縮まらず温まりきりません。
半身浴をしていると体温差が小さくなり、お湯がぬるく感じてくるので追い炊きをします。

胸や腕、肩から汗が出てきます。20〜40分浸かり、足が温まったら風呂から上がります。
寒い季節は入り初めに首や肩が寒く感じることがあるので、乾いたタオルを肩に掛けるのも一つの方法ですが、足が温まると肩の涼しさは快適に感じられます。

くれぐれも風呂上がりに油断して体を冷やさないことです。

『ビワと健康』  2015年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 参考資料 > 半身浴で冷え対策!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入