膝痛と尿もれが改善!

福岡県小倉南区 ハンプティダンプティ 古谷良恵 店長

当店はエステティックやマッサージなどを主としながら化粧品や健康食品などを扱っており、3年前からはビワ温灸を用いた施術も導入しています。

今回ご紹介させて頂くのは、10年以上、膝痛を抱えていた女性(70代)の改善例です。

彼女は当店の化粧品をずっと愛用して下さっていますが、ある日、ご自身の膝痛について打ち明けて下さいました。

あらゆる病院や治療院にかかってみたものの芳しくなく、昨夏の時点では週1回、掛かり付けの病院とは別にわざわざ広島の病院まで新幹線で往復しておられました。
時には「2日来なさい」と言われて宿泊を余儀なくされる場合もあり、費用はかかるし階段の昇り降りで膝も痛むため辛さをこぼしておられました。

深刻な事情を知った私は、「広島に通われるのを1回お休みして、当店のビワ温灸を受けてみませんか」とお勧めしてみました。
当初、彼女は半信半疑でしたが、近いという利点からほぼ毎日、2週間続けて来て下さいました。
その後は週1回のペースで4ヶ月間、本当に1回も休まれず頑張って通われました。
施術を始めて1ヶ月が過ぎた頃、「私はもう広島に行くことはないと思う。あなたに賭けてみるわ。ここに一生懸命来ますから、よろしく」と言って下さったのです。

2ヶ月ほど経った頃、彼女から意外なことが打ち明けられました。
「今まで膝が痛いと言ってきて、随分楽になったけれど、実はもう一つ良くなったことがあるのよ。日中は大丈夫なんだけど、夜寝てから2回くらいトイレに行くの。2階から1階に降りるとき尿もれするものだから寝る前に準備をしていたけれど、それが一切なくなったのよ」
彼女には常々、水毒などの話をしてきました。「私は膝が痛いと言っているのに、なぜあなたはお腹にビワ温灸をするの?」と聞かれ、「うちではどこが痛いと言って来られても中心はお腹、そこには必ず温灸を当てるんですよ」とお答えしました。

彼女の膝は痛みだけでなく、水も溜まっていました。10日に一度、近くの外科に通って水を抜いてもらい、ヒアルロン酸を注入してもらっていたのです。
それでも、水を抜いた直後には少しだけスッとするけれど徐々に溜まってしまうのです。
実際、彼女の脚は膝ばかりでなく足の裏までむくんでいて、土踏まずが区別つかないほどで、「失眠」の辺りもぼってり腫れた感じになっていました。

こうした深刻だった症状は施術を始めて4ヶ月できれいに改善し、今では山歩きができるまで元気になられ、逆に「そんなに無理して歩かないで下さいね」と私が諫めるほどです。
ケアの意味で、時々ビワ温灸をお勧めし、月1回ほど来られています。

◎ハンプティ ダンプティ
福岡県北九州市小倉南区徳力4−20−8
TEL:093−963−7815

『ビワと健康』  2014年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 膝痛と尿もれが改善!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入