花粉症にはビワの種が一番!

東京都稲城市 諌山正博 さん (47歳)

10日ほど前、友人とゴルフに行きました。

その日一緒にコースを回った友人の息子T・Kくん(26歳)は、ゴルフの戦い以前に花粉症との戦いの方が大変な様子。

いざティーグランドに立っても目はしばしば、鼻はぐしゅぐしゅ。どう見ても本来の力が出しきれない状態で前半を終えました。

かくいう私も数年前から花粉症の重症患者で、1年を通じて春先が辛いのですが、運良く3年前にビワの葉療法と出会い、ずいぶん楽になりました。

最初の年は出勤前の30分間、足の甲の「太衝」というツボに温灸を当てて凌いでいましたが、昨年、ビワの種を食べるだけで日中(8時間)は目も鼻も大丈夫ということを発見。以来、毎朝欠かさず数粒を食べ、念のため少量を携帯するようにしています。

杉花粉の当たり年と言われる今年も、お陰で楽に過ごせているのですが、聞けばT・Kくんは薬の服用が嫌いということで、辛くてもそのまま放っているとのことでした。

お節介ながらビワの種がいいと話すと、食べてみたいとのこと。手持ちの種を5粒ほどわけてあげました。
1時間ほど経った頃、彼の目のしばしばや鼻のぐしゅぐしゅが消えました。

ビワの種の威力には改めて感心しましたが、体調が良くなるにつれ精彩を欠いていた彼のプレーが一変、その実力にも感心しました。
結局、後半は彼ばかりスコアが伸び、こちらとしては嬉しいような、悲しいような…。

後日話を聞くと、相当ビワの種が気に入ったらしく「ビワの種」を注文したとのことでした。
自分自身、花粉症の辛さが分かるだけに役立てて良かったと思います。
『ビワと健康』  97年4月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症にはビワの種が一番!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入